偉大なるアンバーソン家の人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
偉大なるアンバーソン家の人々
The Magnificent Ambersons
Ambersons-lobby-card-6.jpg
監督 オーソン・ウェルズ
脚本 オーソン・ウェルズ
原作 ブース・ターキントン英語版
製作 オーソン・ウェルズ
製作総指揮 ジョージ・シェーファー
ナレーター オーソン・ウェルズ
出演者 ジョゼフ・コットン
ドロレス・コステロ
アン・バクスター
ティム・ホルト英語版
音楽 バーナード・ハーマン
撮影 スタンリー・コルテス英語版
編集 ロバート・ワイズ
製作会社 マーキュリー・プロダクション
RKO
配給 アメリカ合衆国の旗 RKO
日本の旗 インターナショナル・プロモーション
公開 アメリカ合衆国の旗 1942年7月10日
日本の旗 1988年4月1日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約1,125,000ドル
興行収入 650,000ドル(北米配収)
170,000ドル(海外配収)[1]
テンプレートを表示

偉大なるアンバーソン家の人々』(いだいなるアンバーソンけのひとびと、The Magnificent Ambersons)は、1942年アメリカ合衆国のドラマ映画。 1918年に発表されたブース・ターキントン英語版の同名小説の映画化作品であり、オーソン・ウェルズが前年の『市民ケーン』に次いで製作・脚色・監督を務め、ジョゼフ・コットンドロレス・コステロアン・バクスターティム・ホルト英語版らが出演した。

日本では1988年水野晴郎主宰のインターナショナル・プロモーションの配給によって劇場公開が実現した。1991年アメリカ国立フィルム登録簿に登録され、2002年にはマデリーン・ストウジョナサン・リース=マイヤーズらの出演によりテレビ作品として放映されている。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

  • ユージン - ジョゼフ・コットン
  • イザベル - ドロレス・コステロ
  • ルーシー - アン・バクスター
  • ジョージ - ティム・ホルト: イザベルの息子。
  • ファニー - アグネス・ムーアヘッド

スタッフ[編集]

製作[編集]

オリジナル版は131分だったが、製作会社のRKOが監督の意向を無視して、尺を短くしただけでなく、再編集もし、ラストは助監督が新たに撮り直している[2]

作品の評価[編集]

オーソン・ウェルズの監督第2作となる本作は、監督デビュー作の『市民ケーン』の饒舌なタッチと相反する長回しを中心とした表現を使っており、フランソワ・トリュフォーは「まるで『市民ケーン』を毛嫌いした別の映画作家が謙虚さの規範を示してみせたような作品」と評している[3]

映画賞受賞・ノミネーション[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]