倫敦の人狼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
倫敦の人狼
Werewolf of London
Werewolfoflondon.jpeg
「魔女の土牢古典映画美術館」(ロンドン)で展示されている「倫敦の人狼」の狼男の蝋人形
監督 スチュアート・ウォーカー
脚本 ジョン・コルトン
ハーヴェイ・ゲイツ
音楽 カール・ハヨス
撮影 チャールズ・J・スチューマー
公開 アメリカ合衆国の旗 1935年5月13日
上映時間 75分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

倫敦の人狼』(Werewolf of London)は、ユニバーサル映画が製作し、1935年5月13日に公開したアメリカ映画。白黒、75分。

概要[編集]

ヘンリー・ハルが主演の 「狼男映画」である。ジャック・ピアスが施した狼男のメーキャップは、『狼男』で施したものと似ているが、映画史の専門家は『倫敦の人狼』のほうがおぞましいと考えている。

この映画は、当時のハリウッドのメインストリームのうち、現存する作品の中で最も古い狼男映画とされている(フィルムが現存していないものを含めると、1913年の『The Werewolf』が最も古い)。

「狼男」の特殊メイクは、『フランケンシュタイン』(1931年)などで知られるジャック・ピアスが担当。当初ピアスが施そうとしたメーキャップは、「表情をわかりにくくすべき」という少数派の意見を取り入れたため没になった。(ただし、その案は後に『狼男』へ流用された)。この際、「狼男」役のヘンリー・ハルは、この特殊メーキャップに時間がかかって不満だった[1]

狼男の吠え声は本物のオオカミの鳴き声と、主演のヘンリー・ハルの叫び声を混ぜるという、あまり使われていない方法だった。冒頭文における村人の会話はチベット語とされているが、実際は広東語だった。

あらすじ[編集]

英国の著名な植物学者・グレンドン博士は、"狼憑き"という奇病の治療薬である"狼草"を求めて、チベット高原までやってきた。雇った労働者や助手までもがおびえて消極的になる中、グレンドン博士はついに"狼草"を見つけ出すも、一匹の狼に噛まれてしまった。

帰国後、博士が主催する植物展覧会に、ヨガミ博士という謎めいたアジア人学者が来訪した。ロンドンに"狼憑き"の患者がいると言って"狼草"を手に入れようとしたこの男は、グレンドン博士を襲った狼そのものだった。

グレンドン博士は"狼憑き"の症状が出て正気を保てなくなり、自宅を去って貧民窟を転々としながら研究室の"狼草"が咲くときを待っていた。 "狼草"が咲きだしたとき、グレンドン博士はヨガミ博士が研究所に侵入しているところに出くわし、殺し合いになった。ヨガミ博士を殺した直後、グレンドン博士は"狼憑き"について調べていたフォーサイス大佐によって射殺され、"狼憑き"から解放された。

キャスト[編集]

その他[編集]

この映画のタイトルは、 ウォーレン・ジヴォンの1978年のヒット曲"Werewolves of London"や、1981年の映画『狼男アメリカン』などのネタ元となった。

水木しげるは『東西妖怪図絵』(読売新聞社)で、本作の狼男を「狼男」のイラストのモデルに使っている。

脚注[編集]

  1. ^ Clemens, Carlos (1968). Horror Movies: An illustrated Survey. London: Panther Books. pp. 119–20. 

外部リンク[編集]