個人情報保護条例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

個人情報保護条例(こじんじょうほうほごじょうれい)とは地方公共団体条例

概要[編集]

地方公共団体が保有する個人情報を適正に取り扱うために必要なルールなどを定めている。

1990年3月、神奈川県が初めて制定し、同年4月1日には付属機関の設置に関する条例を設置[1]、10月1日より5人の委員・2年の任期で調査審議が開始された[2]。その後に全国の地方公共団体に拡大していき、 2005年度末までには全ての都道府県・市区町村で個人情報保護条例が制定された。[3]

その後、国の行政機関の保有する個人情報の取扱いに関する基本的事項を定めるものとして2003年行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律が制定された。

脚注[編集]

関連項目[編集]