個人健康情報管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

個人健康情報管理(こじんけんこうじょうほうかんり、Personal Health Record、PHR)は、医療に関する情報の連携基盤のうち、診断履歴や服薬履歴など個人の医療・健康情報・介護情報を管理するシステムのこと[1][2]

各国のPHR[編集]

日本[編集]

日本では医療機関でお薬手帳を配布し、薬の飲み合わせのチェックや副作用の防止のため、服薬履歴やアレルギーなど医師や薬剤師に必要な情報を記載して管理できるようにしている[2]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国ではオバマ政権においては医療情報のネットワーク化が進められた[2]。民間中心の医療制度であるため、PHRシステムも大手IT企業によるサービス、地域医療ネットワーク、民間事業者によるものなど多様である[2]

フランス[編集]

フランスでは診療情報の患者自身による管理と医療従事者間での共有を目的に健康情報共有システム庁が個人診療記録システム「Dossier Médical Personnel(DMP)」を運営している[2][3]。DMPにはINS(Identifiant National de Santé)というIDが用いられており、健康保険証であるVitaleカードの格納情報をもとにIDが生成され管理されている[3]。データの保存期間は10年で患者はインターネットを利用して自身の医療情報を参照することができる[2][3]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成26年版情報通信白書”. 総務省. 2019年3月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 世界の薬歴管理事情~医療制度の異なる諸外国に学ぶ~”. エムスリーキャリア. 2019年3月15日閲覧。
  3. ^ a b c 有澤卓. “諸外国における医療等分野の番号制度の動向”. 日立コンサルティング. 2019年3月15日閲覧。