倉澤治雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

倉澤 治雄(くらさわ はるお、1952年6月2日- )は科学ジャーナリスト。元日本テレビ報道局解説主幹。

来歴[編集]

1952年新潟県生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部建築学科中退[1]1977年東京大学教養学部基礎科学科卒、1979年フランス国立ボルドー大学大学院修了(物理化学専攻)。1980年日本テレビ入社。報道局に配属され科学、警察、司法、防衛を担当。その後、北京支局長、経済部長、政治部長、ネットワーク戦略部長、メディア戦略部長、メディア戦略局次長、フォアキャスト・コミュニケーションズ代表取締役社長(日本テレビから出向)を経て2009年メディア戦略局主幹に就任[2]2011年3月11日東日本大震災の影響による原発事故が発生したことにより解説委員兼務[3] となり、事故発生当初からニュースの解説をつとめる。

2012年6月1日付で報道局専門局長に就任[4]。同年9月末で日本テレビを定年退職[5]

出演番組[編集]

日本テレビのニュース番組で、主に原子力関連のコメンテーターとして不定期で出演。

著書[編集]

  • 『原子力船“むつ”虚構の航跡』(1988年、現代書館)
  • 『徹底討論 犯罪報道と人権』共著(1993年、現代書館)
  • 『原発爆発』(2013年、高文研)
  • 『原発ゴミはどこへ行く?』(2014年、リベルタ出版)
  • 『福島事故に至る原子力開発史』共著(2015年、中央大学出版部)
  • 『中国、科学技術覇権への野望』(2020年、中公新書ラクレ) 

出典[編集]

  1. ^ https://bee-media.co.jp/profile
  2. ^ 日テレ学院ホームページ 2011年11月閲覧
  3. ^ WEB新書「原子力船『むつ』が来た! 原発とメディア 青森・下北半島(上)」(朝日新聞 )「第1章 現場に引き戻されて」より。
  4. ^ 「日刊文化通信速報」(文化通信)2012年05月16日付より。
  5. ^ 「この国と原発:第7部・メディアの葛藤4 キー局、月曜未明に批判報道 『問題伝えた』思い半ば」(2012年10月25日付 毎日新聞、東京朝刊)

外部リンク[編集]