倉本信護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
倉本 信護
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 (1913-06-09) 1913年6月9日
没年月日 (1983-01-23) 1983年1月23日(69歳没)
身長
体重
168 cm
56 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手捕手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1940年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 山藤商店

倉本 信護(くらもと のぶもり、1913年6月9日 - 1983年1月23日)は、広島県出身の日本プロ野球草創期の選手(内野手捕手)。阪急軍創立時の正捕手でもあった。

来歴・人物[ソースを編集]

5年制の旧制広陵中学では田部輝男と年は違うが同学、岩本義行の3学年、濃人渉の2学年下、門前眞佐人岡田宗芳の1学年上となる。好打者として知られ、2年生時の1931年第17回全国中等学校優勝野球大会に岩本らと出場したと記録に残るが試合出場はない。1932年には既に18歳になっており、4年生以降は野球部に所属していないので、3年で卒業し呉市呉海軍工廠に入社したものと思われる。その後召集され兵役明けの22歳の時(1936年)、プロ野球リーグの創設で結成された大阪阪急野球協会(阪急軍)に誘われ入団。阪急軍初代背番号17。当時は職業野球と呼ばれ世間から揶揄されたとされるが、「野球でメシが食えるなら」と何の抵抗もなく入団した。プロの第一印象は「捕手(島本義文)の送球が二塁までよう届かんのじゃ(二塁までちゃんと届かない。島本が長年の軍隊生活で肩を壊していたため)。これならやれるわい」だった。

プロ1期生として阪急の設立に参加した西村正夫宮武三郎山下実らと主力選手として活躍。日本初のプロ野球公式戦となった1936年4月の「第1回日本職業野球リーグ戦」で阪急の公式戦第1戦(対東京セネタース戦)でも7番・捕手として先発出場。夭折した阪急創成期のエース・北井正雄の最初と最後の勝利もバッテリーを組んだ。個人タイトルが初めて設立された1936年秋のシーズンは、飛ばないボールの時代で本塁打2本を打った山下、藤村富美男らが本塁打王になっているが、倉本も1本打っている。この本塁打はすでに現存していない洲崎球場の第1号本塁打ともいわれるが、真偽は不明。翌1937年春には同一シーズンに投手以外の全ポジションを守った(これを達成した選手には他に高橋博士がいるが、高橋は記録を狙ってのもの)とされるが、こちらも詳細は不明のままである。

同年秋季、名古屋軍に移籍し主に三塁手を務め、主軸打者として活躍した。大沢清大沢啓二の兄)の後の5番、6番を打った。翌1938年打率.230、打点23、本塁打3本。そのうち1本が同年10月19日、後楽園球場での対東京セネタース戦、2対2の延長10回裏、浅岡三郎から放った史上初のサヨナラ満塁本塁打であった。1940年名古屋金鯱軍に移籍するが、シーズン途中に2度目の招集を受けて退団し、満州に渡った。

1940年撫順市満鉄倶楽部の4番打者として代表決定戦で新京電々の西村幸生を打ち込み、第14回都市対抗野球大会に出場する。終戦後、国鉄広島鉄道局岡山管理部(後の岡山鉄道管理局)に就職し仕事を続けていたが白球への郷愁を断ち切りがたく、安定した職を捨て、1946年、広陵の先輩・平桝敏男、後輩・田部輝男濃人渉門前眞佐人岩本信一橋本正吾広田修三らと広島駅前で映画館パチンコ屋キャバレーなどを経営していた広島鯉城園のノンプロチームに参加。同年夏、戦後初の都市対抗野球大会に出場。職業野球経験者をずらりと揃えながら、初戦で優勝した大日本土木に惨敗した。この後、東京カッブスから勧誘され、同チームの結成に参加した。このチームはまもなく広島鯉城園のメンバーと合流し、グリーンバーグとチーム名を変え、翌1947年国民リーグに参加し、結城ブレーブスとさらにチーム名を変えた。倉本は4番を打ち、同年1シーズンのみ行われた同リーグの公式戦、夏季リーグで本塁打5本(30試合制)を放ち、本塁打王のタイトルを獲得。最多勝利のタイトルを獲った林直明らと共にチームの優勝に貢献した。国民リーグはこの1947年の一年のみで解散。秋季リーグは本塁打を2本打った選手がなく、本塁打王のタイトルを設けず、本塁打王が設けられたのは夏季リーグだけとなり、国民リーグただ一人の本塁打王として「プロ野球外史」にその名を残す。結城ブレーブスの貧しさは酷く、倉本はチーム唯一の妻帯者だったため、倉本の妻は合宿で選手全員の身の回りの面倒を見て、石本秀一監督の汚れたフンドシの洗濯などもしたという。国民リーグに参加した60数人の選手のうち、現存するプロ野球リーグに復帰できたのは8名のみだが、倉本は石本監督とソリが合わず復帰できなかったとされる。

1948年前橋市・山藤商店の選手兼任監督として第19回都市対抗野球大会に出場したが、初戦で深見安博らを擁し優勝した西日本鉄道に延長戦で惨敗した。都市対抗野球出場の命を請けての加入と思われ、翌1949年、今度は鹿沼市・古沢建設に道仏訓、田部輝男と共に移籍し、第20回都市対抗野球大会に出場。6番・一塁手として出場するがまたも初戦敗退。倉本はその後、川崎市・鈴捨工業などノンプロを転々とし、45歳になる1958年頃まで職を変えながら現役選手を続けた。

倉本は口が重く社交下手、人を教えるのが苦手だったといわれ、野球を辞めた後は運送業に携わっていたが1983年1月、材木の積荷卸し作業中に事故死した。享年69歳。仏前には一日に5杯は愛飲したというコーヒーが今も供えられているという。

詳細情報[ソースを編集]

年度別打撃成績[ソースを編集]

















































O
P
S
1936春夏 阪急 16 68 56 8 10 1 0 2 17 5 1 -- 2 -- 10 -- 0 9 -- .179 .303 .304 .607
1936秋 23 74 62 5 12 5 0 1 20 4 2 -- 2 -- 10 -- 0 17 -- .194 .306 .323 .628
1937 42 161 131 15 24 4 0 0 28 13 4 -- 5 -- 24 -- 1 29 -- .183 .314 .214 .528
1937秋 名古屋 13 35 30 2 4 0 0 0 4 1 1 -- 0 -- 5 -- 0 3 -- .133 .257 .133 .390
1938 26 106 90 8 25 4 0 0 29 6 1 -- 1 -- 15 -- 0 6 -- .278 .381 .322 .703
1938秋 40 164 132 17 26 6 0 3 41 17 0 -- 5 -- 27 -- 0 15 -- .197 .333 .311 .644
1940 金鯱 13 55 50 6 13 0 0 1 16 5 1 -- 0 0 4 -- 0 4 -- .260 .315 .320 .635
通算:4年 173 663 551 61 114 20 0 7 155 51 10 -- 15 0 95 -- 1 83 -- .207 .325 .281 .606

背番号[ソースを編集]

  • 17 (1936年 - 1937年春季、1947年)
  • 3 (1937年秋季)
  • 12 (1938年)
  • 10 (1940年)

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]