倉掛響

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
倉掛 響
くらかけ ひびき
Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Kurakake Hibiki
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
大学 東京国際大学人間社会学部
生年月日 (2002-07-23) 2002年7月23日(20歳)
出身地 福岡県の旗福岡県
身長 163cm
体重 49kg
自己ベスト
5000m 14分02秒80(2020年)
10000m 29分56秒51(2021年)
ハーフマラソン 1時間05分53秒(2022年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

倉掛響(くらかけ ひびき、2002年7月23日 - )は、日本陸上競技選手。元宮崎県5000m高校記録保持者福岡県出身。東京国際大学人間社会学部スポーツ科学科在籍中。駅伝部に所属し、専門種目は、長距離走

経歴[編集]

筑前町立夜須中学校宮崎県立小林高等学校出身[1][2]

高校時代(小林高校)[編集]

高校3年次(2020年度)[編集]

  • 2020年10月17日に開催された、宮崎県長距離記録会(5000m)で、14分02秒80の自己ベストをマーク。この記録は、宮崎県高校新記録となった[3]
  • 2020年12月20日に開催された、第71回全国高校駅伝に、3区で出場し、区間6位の成績を収めた。

大学時代(東京国際大学)[編集]

大学1年次(2021年度)[編集]

  • 2021年11月13日・14日に開催された、第292回日本体育大学長距離競技会に第3組で出場し、29分56秒51の自己ベストをマークした[4]
  • 2021年11月13日に開催された、激坂最速王決定戦にエントリーした[5]
  • 2021年12月10日に第98回箱根駅伝のチームエントリーが発表され、チームエントリー16名の中に選出された[6]
  • 2021年12月29日に第98回箱根駅伝の区間エントリーが発表され、5区にエントリーされた[6]
  • 2022年1月2日に開催された、第98回箱根駅伝に、往路・5区で出場し、区間14位の成績を収めた[6]
  • 2022年3月13日に開催された、第25回日本学生ハーフマラソン選手権大会に出場し、194位となった。なお、これが自身初のハーフマラソン出場となった[7]

大学2年次(2022年度)[編集]

  • 2022年4月2日に開催された、第18回関東私学六大学対校陸上競技選手権大会対校の部の、3000m決勝に出場し、11位となった。なお、この際記録した8分16秒03が3000mの自身最高記録となった[8]
  • 2022年10月12日、同年11月6日に開催予定の第54回全日本大学駅伝のチームエントリーが発表され、そのメンバー入りを果たした[9]

人物[編集]

  • 好きなタレント・有名人は、莉子[1]トカチャフ・サワ[10]
  • 箱根駅伝を「夢の舞台」と表現している[1]
  • 箱根駅伝の希望区間は5区[1]
  • 自分にキャッチコピーをつけるなら、「負けたらリスタート!」[10]
  • 自分の性格を一言で表すと、「熱血」[10]
  • 特技は、健康食を作ること[10]

戦績・記録[編集]

大会成績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2022 日本体育大学長距離競技会 5000m 26位 00:14:22.88
2022 第18回関東私学六大学対校陸上競技選手権大会 3000m 11位 00:08:16.03 自己新
2022 第25回日本学生ハーフマラソン選手権大会 ハーフマラソン 194位 01:05:53.00 初ハーフ
2022 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走 (往路・5区) 14位 01:13:58.00
2021 激坂最速王決定戦 登り13.5㎞男子の部 29歳以下    ー
2021 日本体育大学長距離競技会 3組 10000m 5位 00:29:56.51
2020 全国高校駅伝 (3区) 6位 00:23:54.00
2020 宮崎県高校駅伝 (3区) 1位 00:23:03.00
2020 宮崎県長距離記録会 1組 5000m 1位 00:14:02.80 県高校新[3]
2020 ⻑崎陸協ナイター記録会 5組 5000m 4位 00:14:20.93
2020 宮崎県高校総体陸上代替大会 3組 5000m 1位 00:14:14.84
2020 都道府県駅伝 (4区) 13位 00:14:23.00
2019 全九州地区高校駅伝 (3区) 3位 00:24:50.00

大学三大駅伝[編集]

学年 出雲駅伝 備考 全日本大学駅伝 備考 箱根駅伝 備考
1年次

(2021年度)

第33回

エントリーなし

チームは出場 第53回  

エントリーなし

チームは出場 第98回

5区 14位[6]

大学駅伝デビュー戦
2年次

(2022年度)

第34回

エントリーなし

チームは出場 第54回

エントリー[9]

チームは出場 チームは出場予定
3年次

(2023年度)

4年次

(2024年度)

自己ベスト[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 箱根駅伝2022完全ガイド(陸上競技マガジン1月号増刊) | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社” (日本語). www.bbm-japan.com. 2021年12月10日閲覧。
  2. ^ 筑前町立夜須中学校公式ウェブサイト”. yasujh.chikuzen.ed.jp. 2021年12月10日閲覧。
  3. ^ a b 宮崎日日新聞. “倉掛(小林)5000県高新 陸上男子(宮崎日日新聞)|dメニューニュース” (日本語). topics.smt.docomo.ne.jp. 2021年12月11日閲覧。
  4. ^ くーねる (2021年11月16日). “【第292回日体大記録会】結果・速報&実業団・大学・高校・中学別順位まとめ” (日本語). くーねるランニングブログ. 2021年12月10日閲覧。
  5. ^ 激坂最速王決定戦2021@箱根ターンパイク-速報サイト” (日本語). 大会に出場してきました!. 2021年12月10日閲覧。
  6. ^ a b c d 東京箱根間往復大学駅伝競走公式サイト|関東学生陸上競技連盟” (日本語). 東京箱根間往復大学駅伝競走公式サイト|関東学生陸上競技連盟. 2021年12月10日閲覧。
  7. ^ かくや (2022年3月15日). “日本学生ハーフマラソン 2022 結果・速報(リザルト)” (日本語). ほぼニートの資格取得日記(マラソン編). 2022年9月23日閲覧。
  8. ^ 18th-sixcollege-result.pdf”. Google Docs. 2022年9月23日閲覧。
  9. ^ a b 出場校紹介|秩父宮賜杯 全日本大学駅伝対校選手権大会”. daigaku-ekiden.com. 2022年10月25日閲覧。
  10. ^ a b c d 大学駅伝2022夏・秋号(陸上競技マガジン10月号増刊) | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社” (日本語). www.bbm-japan.com. 2022年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]