俺達の世界わ終っている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
俺達の世界わ終っている。
JUDGEMENT 7 -俺達の世界わ終っている。
ジャンル 新世界ADV[1]
対応機種 PlayStation Vita
JUDGEMENT 7
PlayStation 4
Nintendo Switch
Microsoft Windows
開発元 ウィザードソフト[1]
発売元 日本の旗 レッド・エンタテインメント
JUDGEMENT 7
日本の旗 MAGES.5pb.ブランド)
世界 PQube
人数 1人
メディア Vitaゲームカード [Vita]
BD-ROM [PS4]
ダウンロード販売
発売日 日本の旗 2017年11月9日 [Vita]
日本の旗 2019年2月28日予定 [PS4Switch]
世界 2019年予定 [PS4SwitchWin]
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
テンプレートを表示

俺達の世界わ終っている。』(英語: Our World is Ended)は、レッド・エンタテインメントより2017年11月9日に発売されたPlayStation Vitaゲームソフト。略称は「オレオワ[2]」。

概要[編集]

現実世界と仮想世界の2つの浅草を舞台に、ゲーム開発会社「ジャッジメント7」が巻き込まれた数奇な運命を描いたアドベンチャーゲーム

レッド・エンタテインメントが7年ぶりに発売した完全新規タイトル[3]。原案を『サクラ大戦シリーズ』で世界設定を務めた森田直樹[4]、シナリオをかつてレッドに所属していたライトノベル作家の阿智太郎、キャラクターデザインを『灰と幻想のグリムガル』でイラストを描いた白井鋭利が担当している。

浅草のゲーム会社がテーマとして選ばれたのは、レッドの本社がかつて浅草に置かれていた事が背景になっており、「花やしき」などのいくつかの施設が実名で登場する[5]

2019年には国内と海外でPlayStation 4Nintendo Switchに移植予定。国内版のタイトルは『JUDGEMENT 7 -俺達の世界わ終っている。-』、発売元は5pb.。海外版はSteamにも対応しており、搭載言語は英語と日本語となる[6]

あらすじ[編集]

2017年7月、ジャッジメント7で働くアルバイトディレクターの午前零時は、同じアルバイト仲間の早瀬ユウノと共に、メインプログラマーの尾張世界が開発した「W.O.R.L.D.プログラム」の検証実験を浅草で行っていた。

実験の最中、零時は崩壊した街並と磔にされたジャッジメント7のメンバー、そして見知らぬ少女の幻を目にする。その時を境に、ジャッジメント7の周囲で奇妙な出来事が起こり始める。

用語[編集]

ジャッジメント7
浅草に存在するゲーム開発会社。創設者兼代表は尾張世界。主にスマホ向けの買い切り型ゲームの開発と販売を行っているが、世間からの評価は芳しくない。社員は物語開始時点で7名。社員全員が何らかの「罪」を背負っているとされている。
W.O.R.L.D.プログラム
尾張が開発した拡張現実プログラム。スマートフォンを内蔵した「新世界ゴーグル」を装着しプログラムを会社のサーバーに繋ぐ事で、現実の風景や人物に映像をリアルタイム合成する事が出来る。
ワールドエンドヘブン
ジャッジメント7が7作目として世に送り出そうとしている、W.O.R.L.D.プログラムを利用した新次元・新感覚・新基軸RPG
エターナルデイズ
ジャッジメント7が4作目として開発しようとしていたゲーム。ある事情により開発休止となっている。
新世界
W.O.R.L.D.プログラムの起動中に体験する仮想世界。命名者は尾張。浅草の一定区間内限定とはいえ、食べ物を食べればその味を認識出来るなど、現実を限りなく忠実に再現している。ジャッジメント7が過去に開発したゲームのキャラクターが登場したりもするが、そもそも新世界自体がW.O.R.L.D.プログラムの本来の機能ではなく、尾張も何故このような事態が発生したのか原因を掴めていない。

登場人物[編集]

ジャッジメント7[編集]

尾張世界(おわりせかい)
- 杉田智和
社員番号No.1。イメージカラーは青色。メインプログラマーを担当。ジャッジメント7の創設者。本名は尾張一(おわりはじめ)。
背負った罪は「変態」。プログラミング技術は業界でもトップクラスだが、常にセクハラまがいの発言と行動を繰り返しており、社員からはあまり尊敬されていない。
イルカ2号
声 - 松岡禎丞
社員番号No.2。イメージカラーは紫色。設定とシナリオを担当。尾張とは大学時代からの親友。本名は海野悠太(うみのゆうた)。
背負った罪は「中ニ」。仕事に限らず私生活においても、常人には理解不能な脳内設定を披露し、事ある毎に寄声を発する。
早瀬アサノ
声 - 喜多村英梨
社員番号No.3。イメージカラーは赤色。サウンドクリエイターを担当。路上ライブをしている所を尾張にスカウトされた。
背負った罪は「残念」。容姿こそ整っているが、残念としか形容のしようがない数々の言動を全くの自覚無しで取ってしまう。音痴
結城七罪(ゆうきなつみ)
声 - 大西沙織
社員番号No.4。イメージカラーは黒色。イラストレーターを担当。ある人物に感化されジャッジメント7に入社。本名は結城七海。
背負った罪は「混沌」。他人との距離を置き、仕事や私生活でも辛辣な発言が絶えない。ただし、その厳しさは自らにも向けられている。
タチアナ
声 - 花守ゆみり
社員番号No.5。イメージカラーは黄色。サブプログラマーを担当。尾張の友人であるユーリーの娘。中学生の為、夏休みなどの長期休暇以外では北海道からの音声チャットでの参加。フルネームはタチアナ・アレクサンドロヴナ・シャラポヴァ。
背負った罪は「幼稚」。天才的なプログラムの腕前を持つが、小学校低学年レベルの幼稚な行動が目立つ。口癖は「ウンコ」。
早瀬ユウノ
声 - 佐倉綾音
社員番号No.6。イメージカラーは水色。アシスタントアルバイターを担当。姉のアサノの勧めでジャッジメント7に参加。
背負った罪は「天然」。巨乳と言動で異性を勘違いさせてしまう事が多く、本人はそれに気付いていない。姉と違い、基本的にはよく気が回るしっかり者。
午前零時(ごぜんれいじ)
声 - 逢坂良太
社員番号No.7。イメージカラーは緑色。アルバイトディレクターを担当。本作の主人公。浅草の路上でユウノにジャッジメント7の本社に案内され参加。本名は御前令二(みさきれいじ)。
背負った罪は「平凡」。ジャッジメント7の中では自分が一番常識的であると考えているが、コーラに関して妙な拘りがあったり、思った事をつい口に出してしまう事が多かったりと、どこか変わっている。「ラノベ男」とも評される。

その他[編集]

少女A
声 - 黒沢ともよ
崩壊した浅草で零時が出会った少女。後に新世界でも出会い、その際には自身の名前を含めた記憶を失っていた。少女Aという名前は、本当の名前を思い出した時に困らないようにと尾張が考案した。
那比みやび
声 - 桑原由気
新世界の喫茶店「カフェEXIT」のウェイトレス。陽気な性格で口が軽い。それでも一般的な常識は心得ており、ジャッジメント7のメンバーに翻弄される事になる。
出口司郎(でぐちしろう)
声 - 松田健一郎
「カフェEXIT」のマスター。みやびと違い、堅実で口が堅い。彼の作るカレーは誰もが絶賛する一品。
ユーリー・ダヴィードヴィチ・シャラポフ
声 - 中谷一博
北連理化学研究所の副所長。尾張とイルカとは大学時代からの親友。娘のタチアナを溺愛している。
一ノ瀬葉子(いちのせようこ)
声 - 日笠陽子
元北連理化学研究所の研究員。腐女子
エロリィ・ニューニュー
声 - 井上喜久子
ジャッジメント7の3作目「シンクロダイヴ」に登場するエルフNPC。設定は尾張が担当。ユウノを上回る巨乳と変態的な設定の数々が盛り込まれている。
ニコル・ショーター
声 - 日高のり子
ジャッジメント7の2作目「ジグザグドールズ」に登場する悪魔のNPC。設定はイルカが担当。生みの親であるイルカと七罪にも細かい部分の設定は忘れられていた。
ジャンクマ
声 - 小桜エツコ
ジャッジメント7の5作目「楽園ぽろろっか」に登場するクマ型ロボットのNPC。設定はタチアナが担当。元々はタチアナがお茶目なクマの着ぐるみとして考案したが、七罪により究極の殺人マシーンに改められた。

ゲームシステム[編集]

文章を読み進め、選択肢によってエンディングが分岐する、アドベンチャーゲームにおけるオーソドックスなタイプ。

S.O.Sシステム
通常の選択肢とは別個に用意されたシステム。「Selection of Soul」の文字が画面に表示され、制限時間の中で現れる多数の選択肢の中から1つを選択する。
総集編。
個別キャラクターの全イベントを制覇したうえでゲームクリアすると解放されるおまけ要素。その名の通り、本編中の名場面が閲覧出来る。ただし、その殆どがオリジナルから台詞や立ち絵が編集されており、中には原型を留めていないレベルで改変された一種のMADムービーのような構成のものも存在する。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「World End Heaven」
作詞・作曲:164、歌:くろくも
エンディングテーマ「Eternal Days[working title]」
作詞・作曲:164、歌:くろくも

その他[編集]

  • 2018年3月の第12回声優アワードにおいて、少女A役の黒沢ともよが主演女優賞、結城七罪役の大西沙織と早瀬ユウノ役の佐倉綾音が助演女優賞とパーソナリティ賞を受賞している[7]

出典[編集]

外部リンク[編集]