俺は用心棒 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
俺は用心棒
I'm the Bodyguard
Ore wa yojinbo 1950.jpg
公開時のポスター。座る片岡千恵蔵、立つ月形龍之介
監督 稲垣浩
脚本 伊丹万作
製作 マキノ光雄
企画 岡田寿之
出演者 片岡千恵蔵
月形龍之介
折原啓子
音楽 伊福部昭
撮影 伊藤武夫
照明 西川鶴三
編集 宮本信太郎
製作会社 東横映画
配給 日本の旗 東京映画配給
公開 日本の旗 1950年2月19日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

俺は用心棒』(おれはようじんぼう)は、1950年(昭和25年)製作・公開、伊丹万作脚本、稲垣浩監督による日本の長篇劇映画である[1][2][3][4]。シナリオ完成時の原題は『昔を今に』(むかしをいまに)[5]、伊丹の没後に初めて映画化された作品である[1][2]

略歴・概要[編集]

本作のオリジナルシナリオ『昔を今に』を掲載した『映畫藝術』第2巻第1号(星林社、1947年)表紙。

本作のシナリオは、ロード・ダンセイニの小品『もしも』を下敷きに伊丹万作(1900年 - 1946年)が『昔を今に』のタイトルで執筆したものであるとされる[6]。伊丹は、本作の映画化をみることなく1946年(昭和21年)9月21日に亡くなったが、同年に大橋恭彦が創刊した映画雑誌『映畫藝術』(星林社)が、翌1947年(昭和22年)1月発行の第2巻第1号で「伊丹万作追悼」を特集し、伊丹の遺稿、伊藤大輔、池内岳彦(のちの伊丹十三)の文章とともに、本作シナリオを『昔を今に』のタイトルで掲載した[7]。伊丹がサイレント映画用脚本『若しもあの時』として書いたものを稲垣浩がトーキー用に再構成したものである、という説もある[6]。いずれにしても、脚本の雑誌掲載後に本作は映画化された[1][2][3][4][8]

伊丹の生前実現しなかった作品にはほかに、『手をつなぐ子等』(監督稲垣浩、1948年)、『恋風五十三次』(シナリオ原題『東海道膝栗毛』、監督中川信夫、1952年)、『不惜身命』(原作山本有三、1942年執筆、未映画化)、『木綿太平記』(原作恩田木工、1943年執筆、同)がある[8][9]。本作は、伊丹の没後に映画化された作品としては『手をつなぐ子等』に次ぐ2作目であり、脚本専念後に映画化された作品としては生前の『無法松の一生』(監督稲垣浩、1943年)を含めて3作目である[8]

本作を製作した東横映画、配給した東京映画配給はいずれも現在の東映の前身であり、本作の製作・公開の翌年である1951年(昭和26年))4月1日に合併し、前者は東映京都撮影所、後者は東映の営業部門となった。

本作公開当時のキャッチコピーは、

伊丹万作遺稿の映画化!
口も八丁 手も八丁 俺は天下の豪傑だ!

であった。

2013年(平成25年)1月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターは、本作の上映用プリントを所蔵していない[10]ビデオグラムについてはかつて発売された形跡がなく、東映チャンネルは、本作を放映した形跡がない[11]。事実上、観ることの不可能な作品である。本作の脚本については、1961年(昭和36年)11月15日に発行された『伊丹万作全集 第3巻』(筑摩書房)には収録されていない[12]

ストーリー[編集]

江戸時代の話である。職探しの旅の途中で、浪人・寒川八郎(片岡千恵蔵)は、出会った老乞食(団徳麿)から「幸福の印篭」を買い取った。町外れの居酒屋で、悪漢(椿三四郎)と喧嘩をし、就職予定先の主人と行き違えになってしまう。落胆して歩いていたときに、ヒゲの豪傑・横田権兵衛(月形龍之介)と知り合い、道中を伴にすることになる。次の町の居酒屋では、美人の酌女・お初(折原啓子)が、大串屋の雁九郎(加東大介)にちょっかいを出されて困っているところに出くわし、八郎と権兵衛はこれを助けてやり、雁九郎はあっさりと片づいてしまう。五斗屋の親分(遠山滿)はこの一部始終を目撃、八郎と権兵衛を「用心棒」として雇うことを申し出る。

「用心棒」生活は酒を飲んだり将棋をしたりと気ままではあるが、たいへん退屈なものであった。八郎は居酒屋でお初に会えるのがたのしみであったが、お初には許婚の与吉(中野清)という存在があった。与吉は大串屋の親分(花菱アチャコ)に騙されて、大串屋の私牢に幽閉されていたのだった。八郎は、牢番(水野浩)をだまして与吉を救出し、山小屋に逃がしてやるのだった。

大串屋と五斗屋との抗争が本格化し、八郎はこんなものは馬鹿げている、として無血終結のために奔走する。まずは大串屋に飛び込んで、口も八丁で嘘を言い、親分を旅立たせて、子分たちに後を追わせた。返す刀で八郎は、役所に行って代官(澤村國太郎)の悪事を暴き、五斗屋に逃げ込む。代官の追手が五斗屋になだれ込むと、五斗屋と子分たちは一斉にそこを逃げ出した。これで町には抗争は消えた。八郎はお初に与吉の居場所を教え、この町を去った。

数年が経過した。八郎は乞食に変り果てていた。仲間の乞食(杉狂児)の言う「悪事さえはたらかなければ、乞食の身分も幸運だ」とのことばを聴いて、「幸福の印篭」を投げ捨てた。さらに月日は経過し、八郎は猿回しになっていた。ある村外れで八郎は、お初の噂を耳にする。お初は与吉に捨てられた。八郎はお初と出逢った居酒屋へ行く。お初がいた。二人は無言で抱き合うのであった。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 俺は用心棒日本映画データベース、2013年1月23日閲覧。
  2. ^ a b c 俺は用心棒、 日本映画情報システム、文化庁、2013年1月23日閲覧。
  3. ^ a b 俺は用心棒、 映連データベース、日本映画製作者連盟、2013年1月23日閲覧。
  4. ^ a b 俺は用心棒KINENOTE、2013年1月23日閲覧。
  5. ^ 米田[1985], p.325.
  6. ^ a b c 冨士田[1985], p.254-255.
  7. ^ 星林社[1947], p.1.(目次)
  8. ^ a b c 伊丹万作 - KINENOTE、2013年1月20日閲覧。
  9. ^ 伊丹[1961], p.327.
  10. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年1月23日閲覧。
  11. ^ 東映チャンネル、公式ウェブサイト、2013年1月20日閲覧。
  12. ^ 伊丹[1961], p.1.(目次)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]