俵好夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

俵 好夫(たわら よしお)は、日本の物理学者希土類磁石の研究者、俵万智の父。

来歴[編集]

1957年大阪大学理学部物理学科卒、59年東北大学大学院理学研究科修士課程修了、67年「金属間化合物Fe5Ge3およびMn5Ge3の結晶磁気異方性の研究」で理学博士。59年松下電器産業入社、75年退職、デイトン大学客員研究員、76年信越化学工業入社、98年退職。磁性材料研究所所長、コーポレートリサーチセンター所長歴任、現技術顧問。99年大橋健共著『希土類永久磁石』(森北出版)を刊行、2007年日本磁気学会賞を受賞。俵が発明したサマリウムコバルト磁石は1970年から80年ごろまで世界で一番強い磁石であったが、その後ネオジム磁石にその地位を譲った。

回顧記「あさき夢みし」(日本磁気学会『まぐね』2011)の末尾には、娘の短歌が二首引用されている。

東北の博物館に刻まれし父の名前を見届けに行く 『サラダ記念日』
ひところは「世界で一番強かった」父の磁石がうずくまる棚 同

参考[編集]