修文学院高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
修文学院高等学校
Shubun Girls' High School ac.jpg
過去の名称 一宮女子商業学校
桃陵女子高等学校
一宮女子高等学校
修文女子高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人修文学院
校訓 (学園訓)推譲・明朗・強健
設立年月日 1941年昭和16年)
創立記念日 2月21日
創立者 吉田萬次
共学・別学 男女共学
(家政科は女子のみ)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科・情報会計科・家政科・食物調理科
学期 3学期制
高校コード 23530A
所在地 491-0938
愛知県一宮市日光町6番地1

北緯35度18分8.4秒 東経136度46分52.5秒 / 北緯35.302333度 東経136.781250度 / 35.302333; 136.781250座標: 北緯35度18分8.4秒 東経136度46分52.5秒 / 北緯35.302333度 東経136.781250度 / 35.302333; 136.781250
外部リンク 修文女子高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

修文学院高等学校(しゅうぶんがくいんこうとうがっこう)は、愛知県一宮市にある私立高等学校

概要[編集]

男女共学(家政科は女子のみ)。2022年令和4年)3月までの名称は修文女子高等学校(しゅうぶんじょしこうとうがっこう)。運営母体の学校法人修文学院は修文大学、修文大学短期大学部、修文大学附属一宮幼稚園、修文大学附属藤ヶ丘幼稚園なども運営している。

学科[編集]

  • 普通科
  • 情報会計科
  • 家政科
  • 食物調理科

沿革[編集]

  • 1941年昭和16年) - 一宮市議会議長の吉田萬次によって一宮女子商業学校として開校。吉田は後に一宮市長となる。
  • 1945年(昭和20年) - 学校訓制定(推譲・明朗・強健)。
  • 1948年(昭和23年) - 学制改革により桃陵女子高等学校が発足(普通科、商業科、家政科の3課程を設置)。
  • 1955年(昭和30年) - 桃陵女子高等学校を一宮女子高等学校に校名変更。
  • 1958年(昭和33年) - 校訓制定(誠実・勤勉・温雅・質素)、学校訓(推譲・明朗・強健)を学園訓とする。
  • 1987年(昭和62年) - 校訓を廃止し、学園訓に一本化。
  • 1997年平成9年) - 食物調理科を設置、厚生大臣の調理師養成施設の指定を受け、調理師資格取得可能になる。
  • 2001年(平成13年) - 環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001認証取得。
  • 2007年(平成19年) - 商業科を情報会計科に改称。
  • 2008年(平成20年) - 一宮女子高等学校を修文女子高等学校に校名変更。
  • 2022年令和4年)4月 - 修文女子高等学校を修文学院高等学校に校名変更。男女共学化[1]

学習面[編集]

学校としては、大学受験に向けて「勉強計画スケジュール表」を使った取り組みが行われている[2]

制服[編集]

制服は冬服がブレザー、夏服がシャツ・ポロシャツである。

部活動[編集]

運動部[編集]

  • ソフトボール
  • バレーボール
  • 陸上競技
  • バスケットボール
  • テニス
  • バドミントン
  • 卓球
  • 弓道

[3]

文化部[編集]

  • 吹奏楽
  • 音楽
  • 和太鼓
  • アート
  • 演劇
  • フードクリエート
  • ファッションクリエート
  • マルチメディア
  • 生活クリエート
  • インターアクト
  • 補習

同好会[編集]

  • ガーデニング

[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2022年(令和4年)度からの男女共学化について 修文女子高等学校、2021年5月7日閲覧。
  2. ^ 勉強計画スケジュール表 修文女子高等学校、2021年7月26日閲覧。
  3. ^ 部活紹介・運動部 修文女子高等学校2021年7月26日閲覧。
  4. ^ 部活紹介・文化部 修文女子高等学校、2021年7月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]