信貴山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
信貴山駅
Shigisan-ekisha.JPG
旧駅舎。現在はバス待合所に転用
入口左側の煉瓦積みはかつての出札口の跡
しぎさん
SHIGISAN
信貴山下 (1.7km)
所在地 奈良県生駒郡三郷町信貴山東
所属事業者 近畿日本鉄道
所属路線 東信貴鋼索線
キロ程 1.7km(信貴山下起点)
駅構造 地上駅
ホーム 頭端式2面1線
開業年月日 1922年大正11年)5月16日
廃止年月日 1983年昭和58年)9月1日
テンプレートを表示

信貴山駅(しぎさんえき)は、奈良県生駒郡三郷町にかつて存在した近畿日本鉄道東信貴鋼索線の駅。

概要[編集]

2面1線の頭端式ホームを持ち、ケーブルカーの頂上側の典型的な配線の駅であった。駅舎は頭端部ではなく、ホームの横にあった。自動券売機はなく、乗車券は全て窓口での手売りによっていた。

輸送目的地である信貴山朝護孫子寺はすぐ近くで、西側斜面の西信貴鋼索線高安山駅と比べると場所的には有利であった。

しかし西信貴鋼索線は開業当初から現在の信貴線大阪線を介して大阪中心部に直通していたため、人の流れがそちらに移ってしまい、せっかくの駅の地理的優位も充分活用されないままに路線と運命をともにすることになった。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
東信貴鋼索線
信貴山下駅 - 信貴山駅

廃止後の駅の状況[編集]

現在、駅構内は駅舎を残して奈良交通の信貴山バスターミナルに転用されている。路線バス自体は、一部を除き信貴山門(信貴山上線電車終点跡、近鉄バス高安山行に乗り換え可)まで運行する。東信貴鋼索線の傾斜が緩やかであったこともあり、そのまま以前ホームがあった場所に停留所が設けられ、信貴山下駅方面へのバスが発着している。

駅舎は待合室として利用されており、駅舎内には現役時からの近鉄の路線図も残されている。旧ホーム側はかなり改変されているが、旧駅前側は「信貴山駅」の駅名板が撤去されたことと、出札所と駅事務室が封鎖されたこと以外は現役時代のままで、入口左側に残された出札口下の飾り煉瓦が当時を偲ばせている。

なお廃駅舎を転用した待合室は扱いがなおざりになりやすい傾向があるが、当駅の場合は旧駅前に花を植えたプランターが設置されているほか、桜の季節には入口の軒にぼんぼりがぶら下げられるなど、まるで現役の駅であるかのような扱いが行われ、今も信貴山東麓の玄関口として面目を保っている。

汲み取り式公衆トイレがある。

その他[編集]

信貴線信貴山口駅生駒線信貴山下駅の駅名が、誤って「信貴山駅」と呼ばれ、混乱を招くことがある。

なお「信貴山駅」の名を持つ駅は後にも先にも当駅のみであり、先に挙げた2駅が「信貴山駅」を称したことはない。