信田智人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

信田 智人(しのだ ともひと、1960年4月8日[1] - )は、日本政治学者。専門は、日本政治論、外交政策論、日米関係。

略歴・人物[編集]

京都府生まれ。大阪外国語大学卒業後、大洋漁業(現マルハニチロ)に勤務。その後、国際大学で修士号、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で博士号取得。エドワード・ケネディ上院議員事務所外交政策室研修生、SAISライシャワーセンター東京代表、木村太郎ワシントン事務所代表などを経て、現在、国際大学副学長・研究所所長・教授。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『アメリカ議会をロビーする――ワシントンのなかの日米関係』(ジャパンタイムズ, 1989年)
  • 『総理大臣の権力と指導力――吉田茂から村山富市まで』(東洋経済新報社, 1994年)
  • 『官邸の権力』(筑摩書房[ちくま新書], 1996年)
  • Leading Japan: the Role of the Prime Minister, (Praeger, 2000).
  • 『官邸外交――政治リーダーシップの行方』(朝日新聞社, 2004年)
  • 『冷戦後の日本外交――安全保障政策の国内政治過程』(ミネルヴァ書房, 2006年)
  • Koizumi Diplomacy: Japan's Kantei Approach to Foreign and Defense Affairs, (University of Washington Press, 2007).
  • 『日米同盟というリアリズム』(千倉書房, 2007年)
  • 『政治主導vs.官僚支配――自民政権、民主政権、政官20年闘争の内幕』(朝日新聞社, 2013年)
  • Contemporary Japanese Politics: Institutional Changes and Power Shift,(Columbia University Press, 2013).

編著[編集]

  • 『アメリカの外交政策――歴史、アクター、メカニズム』(ミネルヴァ書房, 2009年)

共編著[編集]

  • 細谷千博)『新時代の日米関係――パートナーシップを再定義する』(有斐閣, 1998年)
Redefining the Partnership: the United States and Japan in East Asia, co-edited with Chihiro Hosoya, (University Press of America, 1998).

訳書[編集]

  • I・M・デスラー,ジョン・S・オデル『反「保護主義」勢力――アメリカの貿易政治における圧力の変化』(ジャパンタイムズ, 1989年)
  • I・M・デスラー, C・ランドール・ヘニング『ダラー・ポリティックス――ドルをめぐるワシントンの政治構造』(TBSブリタニカ, 1990年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.320

外部リンク[編集]