信濃町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しなのまち
信濃町
Lake Nojiri.JPG
Nojiri-ko Museum Palaeoloxodon naumanni.jpg
上:野尻湖黒姫山
下:町内にあるナウマンゾウの像
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
上水内郡
市町村コード 20583-4
法人番号 9000020205834
面積 149.30km2
総人口 7,785[編集]
推計人口、2019年6月1日)
人口密度 52.1人/km2
隣接自治体 飯山市長野市上水内郡飯綱町
新潟県妙高市
町の木 オオヤマザクラ
町の花 コスモス
町の鳥 ウグイス
信濃町役場
町長 横川正知
所在地 389-1305
長野県上水内郡信濃町大字柏原428-2
北緯36度48分22.7秒東経138度12分25.3秒
信濃町役場
外部リンク 公式ウェブサイト

信濃町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

信濃町(しなのまち)は、長野県上水内郡新潟県に接する。野尻湖黒姫高原小林一茶生誕地として知られる。

地理[編集]

森林セラピー基地に認定されている。

隣接している自治体[編集]

気候[編集]

気温が低く快適な夏という中央高地気候と、日照時間がやや短くなり降雪が多い冬という日本海側気候の特徴をあわせもつ。ケッペンの気候区分では亜寒帯湿潤気候(Dfa)に属する。

1月の平均気温は-3.2度と低く、時に-15度を下回る厳しい冷え込みが見られる。1月および2月には200cmをこえる降雪があり、100cmをこえる最深積雪を記録する年も多いことから豪雪地帯対策特別措置法における特別豪雪地帯に指定されている。夏は日中の最高気温が30℃を超える真夏日を観測することはあるものの、熱帯夜の観測記録がないことからもわかるとおり夜間は気温が低下するため、比較的過ごしやすいといえる。

信濃町(1981年 - 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 1.1
(34)
1.6
(34.9)
5.4
(41.7)
13.5
(56.3)
19.0
(66.2)
22.0
(71.6)
25.6
(78.1)
27.3
(81.1)
22.8
(73)
16.7
(62.1)
10.7
(51.3)
4.4
(39.9)
14.2
(57.6)
日平均気温 °C (°F) −3.2
(26.2)
−2.9
(26.8)
0.6
(33.1)
7.4
(45.3)
12.9
(55.2)
17.0
(62.6)
20.8
(69.4)
22.1
(71.8)
17.7
(63.9)
11.2
(52.2)
5.1
(41.2)
−0.2
(31.6)
9.1
(48.4)
平均最低気温 °C (°F) −8.1
(17.4)
−8
(18)
−4.3
(24.3)
1.7
(35.1)
7.4
(45.3)
12.8
(55)
17.2
(63)
18.3
(64.9)
13.7
(56.7)
6.5
(43.7)
0.4
(32.7)
−4.7
(23.5)
4.4
(39.9)
降水量 mm (inch) 106.5
(4.193)
91.7
(3.61)
91.8
(3.614)
64.7
(2.547)
84.6
(3.331)
122.7
(4.831)
178.5
(7.028)
112.3
(4.421)
146.0
(5.748)
96.7
(3.807)
80.4
(3.165)
92.9
(3.657)
1,262.1
(49.689)
降雪量 cm (inch) 251
(98.8)
212
(83.5)
138
(54.3)
17
(6.7)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
20
(7.9)
162
(63.8)
799
(314.6)
平均月間日照時間 90.6 104.5 135.3 177.1 179.6 137.5 135.5 173.0 119.7 125.4 113.3 100.5 1,592.7
出典: 気象庁
信濃町
雨温図説明
123456789101112
 
 
103
 
1
-8
 
 
94
 
1
-8
 
 
92
 
5
-4
 
 
65
 
13
2
 
 
89
 
18
7
 
 
121
 
21
13
 
 
182
 
25
17
 
 
114
 
26
18
 
 
148
 
22
14
 
 
85
 
16
6
 
 
77
 
10
1
 
 
87
 
4
-5
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[1]

歴史[編集]

  • 1956年(昭和31年)9月30日 - 信濃村古間村信濃尻村が合併して発足。町名は旧国名(信濃国)に由来するもの[1]。以下に『信濃町誌』の記述を引用する[2]
信濃村、古間村、信濃尻村の各村民の世論を基礎として、三ヵ村合併協議会で選定した。古来この地方は、北信濃あるいは奥信濃ともいわれており、文献古書などにもこの名称が数多く収録されており、この地方の住民にも親しまれていることから、この呼び名を簡潔に表現して信濃町とした。

人口[編集]

Demography20583.svg
信濃町と全国の年齢別人口分布(2005年) 信濃町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 信濃町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

信濃町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政[編集]

  • 現職(7代)町長 - 横川正知(2014年11月就任 1期目)
  • 町議会 - 定数14人(現在の議員の任期は2017年4月までである)

歴代町長[編集]

  • 初代 - 松木重一郎(1956年10月 - 1970年11月 4期)
  • 2代 - 小林一雄(1970年11月 - 1986年11月 4期)
  • 3代 - 竹内秋男(1986年11月 - 1990年11月 1期)
  • 4代 - 大草忠和(1990年11月 - 2002年11月 3期)
  • 5代 - 服部洋(2002年11月 - 2006年11月 1期)
  • 6代 - 松木重博(2006年11月 - 2014年11月 2期)
  • 7代 - 横川正知(2014年11月 - 2018年現在)

経済[編集]

特産品[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

教育[編集]

2012年 小学校と中学校が統合し小中一貫教育を導入。

交通[編集]

鉄道は、しなの鉄道北しなの線が町内を通過しており、黒姫駅、古間駅が設置されている。また道路は上信越自動車道が通過し、信濃町インターチェンジが設置され、国道18号(バイパス)と接続している。

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

黒姫高原スノーパーク
黒姫童話館
小林一茶旧宅

出身有名人[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 角川日本地名大辞典 20 長野県』1379ページ。
  2. ^ 『信濃町誌』1200 - 1201ページ。

参考文献[編集]

  • 信濃町誌編纂委員会編集『信濃町誌』信濃町、1968年12月25日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]