信多純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

信多 純一(しのだ じゅんいち、1931年9月20日 - 2018年10月31日)は、日本の国文学者。専攻は日本近世文学大阪大学神戸女子大学名誉教授。号は「志水」。

来歴・人物[編集]

大阪府出身。兵庫県立尼崎高等学校を経て、京都大学大学院博士課程単位取得退学。奈良女子大学助教授を経て、1981年大阪大学文学部教授、1995年定年退官、神戸女子大学教授を務めた。1975年『のろまそろま狂言集成』(編著)で第29回毎日出版文化賞特別賞、1992年『近松の世界』で角川源義賞を受賞。1999年紫綬褒章、2006年瑞宝中綬章受章。

中世から近世に至る浄瑠璃の研究を専門とし、絵から本文を読み解く作業を方法とする。美術史家辻惟雄と親交深い。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『近松の世界』(平凡社)1991
  • 『にせ物語絵―絵と文・文と絵』(平凡社)1995
  • 馬琴の大夢里見八犬伝の世界』(岩波書店)2004
  • 『浄瑠璃御前物語の研究』(岩波書店)2008
  • 『祈りの文化 大津絵模様・絵馬模様』(思文閣出版)2009
  • 好色一代男の研究』(岩波書店)2010 

校注・編[編集]

論文[編集]