保田春彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
保田 春彦(やすだ はるひこ)
生誕 保田 春彦 (やすだ はるひこ)
1930年2月21日
日本の旗 日本和歌山県
死没 (2018-01-20) 2018年1月20日(87歳没)
神奈川県大磯町
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 彫刻
絵画

保田 春彦(やすだ はるひこ、1930年2月21日[1] - 2018年1月20日[2])は、日本彫刻家画家武蔵野美術大学名誉教授。

略歴[編集]

1930年和歌山県生まれ。父は、南方熊楠の肖像彫刻で有名な彫刻家の保田龍門。息子は彫刻家の西村浩幸

東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業[1]。1958年2月より10年近くヨーロッパ各地で滞在、制作を行う。オシップ・ザッキン等に師事。1968年、日本に帰国[3]1975年武蔵野美術大学教授に就任し、1999年まで在職した[1]。2018年1月20日、老衰のため死去[2]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『造形の視座から』形文社、1998年

脚注[編集]

  1. ^ a b c 保田春彦 - コトバンク
  2. ^ a b “彫刻家の保田春彦氏が死去、87歳”. 産経新聞. (2018年1月20日). http://www.sankei.com/life/news/180120/lif1801200030-n1.html 2018年1月20日閲覧。 
  3. ^ 保田春彦 - 世代工房アトリエ
  4. ^ 中原悌二郎賞作品詳細 - 旭川市彫刻美術館ウェブサイト
  5. ^ 過去受賞者一覧 - 和歌山県文化表彰(和歌山県ウェブサイト)
  6. ^ 神奈川文化賞歴代受賞者一覧 - 神奈川県ウェブサイト
  7. ^ 平櫛田中賞 - 井原市立田中美術館ウェブサイト