保手浜明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
保手浜 明
基本情報
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 1917年
没年月日 没年不明
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1936年
初出場 1940年
最終出場 1940年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

保手浜 明(ほてはま あきら、1917年 - 没年不明)は広島県出身の元プロ野球選手

来歴・人物[編集]

1917年広島県呉市山手町にて出生。近くに二河球場があった関係で、野球の盛んな環境の下で育った。地元の強豪校・大正中学校(在学中の1934年呉港中学校に改名)に入学。在学中、甲子園に2回出場(春1回〔1934年〕、夏1回〔1934年〕)。ポジションは外野手。最後の出場となった1934年夏の大会では、藤村富美男らと共に高い総合力で全国の強豪をまったく寄せ付けず圧勝し全国制覇を果たした[1]。中学時代のチームメイトには、藤村の他に柚木俊治田川豊塚本博睦橋本正吾原一朗がいた。

1939年東京セネタースに入団。しかし、東京セネタースの外野には青木幸造家村相太郎尾茂田叶織辺由三森口次郎ら層が厚く、中々レギュラー争いに割って入る事が出来なかった。1939年はシーズンを通して出場機会が無く、翌1940年に5試合に出場したのみで、この年限りで引退した。引退後の消息は不明。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1940 東京セネタース
5 4 3 1 1 0 0 0 1 0 0 -- 0 -- 1 -- 0 1 -- .333 .500 .333 .833
通算:1年 5 4 3 1 1 0 0 0 1 0 0 -- 0 -- 1 -- 0 1 -- .333 .500 .333 .833
  • 東京セネタースは、1940年に翼軍に球団名を変更

背番号[編集]

  • 19 (1939年 - 1940年)[2]

脚注[編集]

  1. ^ 甲子園歴史館 スタッフブログ ミスタータイガースと巨大な塔
  2. ^ 翼 背番号19 - 背番号Maniax

関連項目[編集]

外部リンク[編集]