大龍ドウ保安宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
保安宮から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
大龍峒保安宮
Dalongtontemple1.JPG
正殿
各種表記
繁体字 大龍峒保安宮
テンプレートを表示
本来の表記は「大龍峒保安宮」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

大龍峒保安宮(だいりゅうどうほうあんぐう)は、台湾台北市大同区に位置する寺院台北保安宮とも。艋舺龍山寺艋舺清水巌と並ぶ「台北の三大廟門」といわれる。

概要[編集]

1742年に創建された。当初は粗末な建物であったが、1830年の改築では、現在の三殿三進式の規模になった[1]日本統治時代1918年に大規模な修繕が行われている。1985年に台湾の国家三級古蹟(直轄市定古蹟)に指定され、2018年11月に国定古跡に昇格した[2]

主神は医療の神・保生大帝であるが、媽祖観世音菩薩など道教仏教の様々な神が祀られている。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 臺灣省文獻委員會,《臺灣地名辭書》第20卷,1993年,頁176。
  2. ^ 艋舺龍山寺と大龍峒保安宮が「国定古跡」に昇格2018-11-13,Taiwan Today

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯25度4分23.42秒 東経121度30分56.02秒 / 北緯25.0731722度 東経121.5155611度 / 25.0731722; 121.5155611