保存系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
保存量から転送)
移動先: 案内検索

力学系保存系であるとは、保存量(または、第一積分)が存在することを意味している。

保存量[編集]

保存量とは、相空間上の実数値関数 V で、

を満たすものである。ただし、 V は相空間上の定数関数ではないとする。

[編集]

自然科学では、様々なところで保存則が成り立つが登場する。

例として、力学的エネルギー保存の法則が成り立っている系は、力学的エネルギーは保存量であるので保存系である。

関連項目[編集]