俊 (姓)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(しゅん)は、漢姓の一つ。

中国の姓[編集]

各種表記
繁体字
簡体字
拼音 Jùn
注音符号 ㄐㄩㄣˋ
ラテン字 Chun
広東語発音: Zeon3
上海語発音: Tsin3
台湾語白話字 Chùn
英文
テンプレートを表示

著名な人物[編集]

朝鮮の姓[編集]

しゅん
各種表記
ハングル
漢字
発音: チュン
日本語読み: しゅん
英語表記: Jun Chun, Juhn, Jhun, Choon, Joon, Chuhn
テンプレートを表示

(しゅん、チュン、: )は、朝鮮人の姓の一つである。

著名な人物[編集]

氏族[編集]

《高麗史》によると、936年(太祖19年)王建後百済甄神剣と利川で最後の決戦をする時に右翼に参戦した俊良将軍、第4代光宗の時の大相の俊弘、第20代神宗の時の俊存庇将軍などの名前が現われるが、現在の俊との関係はわからない。

氏族(地域) 創始者 割合 (%) (2000年)
清州俊氏

人口と割合[編集]

1930年度国勢調査当時忠南舒川郡鍾川面席村里に俊成官の1世帯があった.

年度 人口 世帯数 順位 割合
1930年   1世帯  
1960年 18人  258姓中235位
1985年   274姓中243位
2000年 72人   

出典[編集]

関連項目[編集]