侵食谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

侵食谷(しんしょくだに)は、地理用語の一つでありなどが何らかの外的な力などにより、侵食されてできたの総称。

概要[編集]

  • 侵食谷を作る因子は、氷河・風雪などが一般的である。膨大な年月をかけ成長し、深さ数百メートルの巨大な谷を作ることもある。また、周囲の地形を相対的に盛り上がらせを形成する。例として、スイスアルプス山脈U字谷富士山大沢崩れなどがある。