依田博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

依田 博(よだ ひろし、1944年10月21日[1] - )は日本の政治学者京都女子大学教授。神戸大学名誉教授。専門は、政治学、比較政治学。

経歴[編集]

東京都出身[1]1968年成蹊大学政治経済学部を卒業。1970年京都大学大学院法学研究科修士課程修了、1974年京都大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学。

カリフォルニア工科大学客員研究員ニュー・ハンプシャー大学客員研究員、在ウィーン日本大使館大使館付外交官等を経て神戸大学文化学部・同大学院総合人間科学研究科教授を歴任。2011年京都文教大学現代社会学部教授。2013年京都文教大学総合社会学部教授、京都文教大学人間学研究所所長。神戸大学名誉教授

著書[編集]

  • 『阪神・淡路大震災-行政の証言、そして市民』(共著)2000年3月、くんぷる
  • 『紛争社会と民主主義』(単著)2000年4月、有斐閣

論文[編集]

  • 「カンボジア憲法制定議会選挙-1993年 5月実施」(単著)1994年3月、日本選挙学会『選挙研究』No.9
  • 「利益政治の構造」(単著)1994年11月、国際交流基金『国際交流』No.65
  • 「地方政治家と政党」(単著)1995年5月、日本行政学会編『年報行政研究-地方自治のクロスロード』No.30
  • 「阪神・淡路大震災と行政改革-自治体職員と住民」(単著)1996年3月、東京市政調査会『都市問題』第87巻第 3号
  • 「境界問題(Boundary Problems)」(単著)1996年3月、奈良産業大学法学会『奈良法学会雑誌』第8巻第4号
  • 「災害と行政」(単著)1997年1月、東京法令出版『月刊消防』第19巻第2号
  • 「死と政治」(単著)1997年10月、"21世紀の関西を考える会"編『あうろーら』 9号
  • 「内戦と選挙-ボスニア・ヘルツエゴビナの総選挙(1996年9月14日)」(単著)1997年10月、社会・経済システム学会『社会・経済システム』16号
  • 「文化の競争:選挙デモクラシーの限界」(単著)1998年3月、飯田経夫・柏岡富英編『市場制度の動態』日文研叢書15(国際日本文化研究センター)
  • 「民主主義とアメリカ社会」(単著)1998年3月、飯田経夫・柏岡富英編『市場制度の動態』日文研叢書15(国際日本文化研究センター)
  • 「地方分権の組織論的検討と民主主義」(単著)1999年3月、兵庫県政学会『兵庫県政学』第5号
  • 「カンボジア-国民国家のゆくえ」(単著)1999年7月、21世紀の関西を考える会『あうろーら』16号
  • 「政治のリテラシ:性差と政治」(単著)1999年11月、社会・経済システム学会『社会・経済システム』第18号

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.353