依光隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

依光 隆よりみつ たかし1926年(大正15年)5月1日 - 2012年(平成24年)12月18日[1])は、挿絵画家イラストレーター高知県生まれ。大連美術学院油絵科卒業。終戦まで大連で育ち、帰国後、高村光太郎に師事。共同通信社社会部を経てフリーになる。SFから児童書まで幅広い分野の挿絵で活躍。ハヤカワ文庫SFの「宇宙英雄ペリー・ローダン」シリーズは、ライフワーク的仕事。

「白旗の少女」の挿絵と装幀で1990年度児童福祉文化賞を受賞。日本出版美術家連盟理事、創作集団プロミネンス(前名:少年文芸作家クラブ)会長を務めていた。

略歴[編集]

  • 1926年(大正15年) 高知県香美郡(現香美市)に生まれる。中学生の時に 中華民国大連に渡り、終戦までここで過ごす。
  • 1971年(昭和46年)7月 宇宙英雄ローダン・シリーズの第1巻が刊行される。
  • 2010年(平成22年)1月 ローダン・シリーズの担当を工藤稜に交代。依光が担当したのは第367巻まで。
  • 2012年(平成24年)12月18日 急性肺炎のため86歳で死去[1]

作品[編集]

  • 画集
    • 「ペリー・ローダンの世界」(早川書房)
    • 「零戦燃ゆ」(文藝春秋)
  • その他
    • 「マザー・テレサこんにちは」(女子パウロ会)
    • 「白旗の少女」(講談社)

脚注[編集]

関連項目[編集]