侍 (ゲームソフト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation 2
開発元 アクワイア
発売元 日本の旗スパイク(現・スパイク・チュンソフト
アメリカ合衆国の旗BAM! Entertainment
欧州連合の旗Eidos Interactive
プロデューサー 木村眞紀(スパイク)
寺澤善徳(スパイク)
ディレクター 中西晃史
デザイナー 大橋晴行
川西友則
大谷伸雄
シナリオ 坂本正吾(アコルト
三浦洋晃(プラウド・エンターテイメント
プログラマー 土田智裕
鷲見昌俊
飯塚哲也
鎌田浩平
原田拓
原田尚弘(エーエルユー)
三ヶ尻浩生
小林伸隆
音楽 朝倉紀行(メガアルファ)
美術 小池俊雄
杉山由美子
小原葉子
城間英樹
本澤みどり
人数 1人~2人
メディア CD-ROM
DVD-ROM(完全版)
発売日 日本の旗2002年2月7日
アメリカ合衆国の旗2002年5月31日
欧州連合の旗2002年9月13日
日本の旗2003年1月16日(完全版)
対象年齢 CERO: C(15才以上対象)
テンプレートを表示

』(さむらい、Way of the Samurai)は2002年2月7日スパイク(現スパイク・チュンソフト)よりPlayStation 2用ソフトとして発売されたアクワイア製作のゲームソフト。2003年1月16日には、内容を追加・拡張したバグ修正版の『侍〜完全版〜』(廉価版)が発売、また2008年9月18日には、タイトルの名称を変えアドホック対戦モードや刀の追加収録をしたPlayStation Portable専用ソフト『侍道ポータブル』が発売された。音楽は天誅シリーズの朝倉紀行

ストーリー[編集]

明治10年(1877年)、反乱を起こした士族がことごとく敗れ去った最後の年(西南戦争の年)。舞台は某街道の寂れた宿場町・六骨峠。ヤクザに成り下がった士族の黒生家(くろふけ)と明治政府に不満を抱く不平士族集団の赤玉党とが、黒生家の建てた新型製鉄所(アラヤシキ)を巡って抗争を続けている。そして、その隙をうかがい漁夫の利を得ようとする明治政府と三者の思惑に翻弄される宿場町の人々。主人公はこのまっただ中に刀一振下げてふらりと迷い込んだ侍である。どの陣営に付くか、どのように行動するかはプレイヤー次第。滅び行く侍たちの運命はどのようなものなのか。

概要[編集]

明治時代のを題材としたアクションゲームで、最後の侍たちの織り成す武士道の世界が描かれている。ストーリーの分岐の多さ・刀の収集など、長く遊べる要素もあった。続編として『侍道2』が発売されている。

意図的な裏技も多々あり、それを使えばアクションゲームが苦手なプレーヤーでもエンディングが見られるようにはなっている。なお、裏技の他に物語が途中で進められなくなるような明らかなバグも複数存在する。バグを修正し、海外版の内容を追加・拡張した「侍〜完全版〜」が後に発売された。

このゲームはプレイヤー操るところの無頼の侍が橋のたもとにいるところから始まる。とりあえず橋を渡ろうとすると町娘が見るからに風体の悪そうな男達に抱えられ無理やり連れて行かれそうになる。己の正義感もしくは下心を遺憾なく発揮して町娘を助けるもよし、触らぬ神に祟り無しとばかりに無視して通るもよし、はたまたその男達におもねって舎弟にしてもらうもよし、と万事このような感じで六骨峠という箱庭の中を自由に行動することができる。

最終的には前述の黒生家、赤玉党、茶屋甘栗(宿場町)の3勢力のいずれかに加勢することになり、それによって後述の侍評価にも変わってくる(途中で峠を出て行くことも可能)。プレイ終了後にはそれまでの行動が侍らしかったかどうか評価が下される。

侍道ポータブル[編集]

侍道ポータブル
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation Portable
開発元 ゼロディブ
発売元 スパイク
人数 1人~2人(アドホック通信対応)
メディア UMD・ダウンロード版
発売日 2008年9月18日
対象年齢 CERO: C(15才以上対象)
デバイス メモリースティックDuo192KB以上
テンプレートを表示


2008年9月18日発売された侍の移植版のPSP専用ソフト。

変更・追加要素[編集]

アドホック対戦モードによってユーザー同士で好きなキャラクターを使って通信対戦が可能となった。またPlayStation 3専用ソフト『侍道3』の発売に先駆けて侍道3の特別映像が追加収録され、侍道3の主人公が追加された。刀は二十本以上追加され全六十本と大幅に増加した他イベントも増量され新たにオープニングが作り直された。特典として旧オープニングも収録されている。

携帯アプリ[編集]

2008年2月21日NTTドコモiアプリ及びvodafoneVアプリ向けとして「侍道 契」が配信された。

キャラクター紹介[編集]

主人公[編集]

若年-声:青木誠
青年-声:加瀬康之
中年-声:奥田啓人
女子-声:伊藤亜矢子
名前はプレイヤーが自由につけられ顔、服装が何種類か用意されており、それらを組み合わせて主人公の外見をある程度自由に設定できる。ゲーム開始時にはそれぞれ3種類ずつ使用可能である。
条件を満たせば、漫画『無限の住人』の主人公である「万次」がプレイヤーとして使用可能となる。これは漫画の作者沙村広明が、同じアクワイア制作の『天誅 忍凱旋』のパッケージデザインを務めた縁による。
声優が当てられているが、主人公含め、登場キャラクターはほとんど声を出さず、セリフもない。斬られた時のうめき声や「おんどりゃ!」「コラ!」「ねぇ?」など短いセリフが効果音としてあるのみ。

黒生家[編集]

黒生鉄心-声:秋元羊介
黒生家の当主。カイゼル髭の筋骨逞しい偉丈夫。剣の腕前は相当のものであり、認めた相手には称賛を惜しまない器量人。侍シリーズ第2弾『侍道2』では、彼と瓜二つのキャラが登場する。愛刀は黒みを帯びた鉄でできた「大黒生」。
黒生邑咲-声:幸田夏穂
鉄心の後妻。黒生家が所有する高炉の売却計画を、自ら作り上げたツテで後一歩というところまでこぎ着けた。
経営手腕を賞賛される一方で、「ほかに男がいる」などの悪い噂も流れている。愛刀は「愛染」。
侍道2』では手配書に顔を張り出され、『侍道2ポータブル』では「武士の挑戦状」でゲスト出演、茂吉と夫婦ということになっている。
知床総一郎-声:関口英司
黒生家に仕える儒家の武士。剣の腕も立つ。細い目に7・3分けかつ坊ちゃん刈りのような独特のルックスを持っており、彼との戦闘の際には容姿を馬鹿にした台詞を言うこともできる。愛刀は「十戒丸」。
坪内八郎-声:小上裕通
愛称は「坪八」。気の短いヤクザ者で、3人の手下を引き連れて行動することが多い。茶店「甘栗」のすずに好意を持っている。愛刀は「一発丸」。
ゲームの展開次第では、最終決戦間近に知床とコントを見せてくれる。『侍道2』では、彼に似たキャラが登場する。
黒生金太郎-声:永迫舞
鉄心と邑咲の間に生まれた、黒生家待望の跡取り。まだ赤ん坊である。
出会える機会は少ないが、登場する時は武器として敵に投げつけることができる。
黒生家家臣
いわゆるザコキャラ。見た目に何種類かバリエーションがあり、強さと足の速さに多少の違いがある。情報を売りつけて金を要求する者や、金を無心してくる者もいる。抜刀すると逃げていくことが多い。

赤玉党[編集]

吉兆-声:柴田総一郎
赤玉党の党首。鉄心と先妻の間の息子だが、出生時に首に臍の緒が巻き付いた事が不吉であると父に疎まれ、両者の怨恨は深い。愛刀は「神風」。
チェルシー-声:沢城みゆき
赤玉党幹部で、吉兆の恋人。彼がイギリスにいた時に知り合い、家族を捨てて日本にやってきた。愛刀は紫の飾りがついたサーベル「微熱」。
刈部星雲-声:白川周作
赤玉党幹部。人を斬る事を「狩り」と考えるサイコパス。愛刀は「鮫肌刀」。
赤玉党党員
赤玉党におけるザコキャラ。見た目のバリエーションは2種類存在する。情報を売りつけてくる者もいる。黒生家と違い、抜刀すると攻撃を仕掛けてくる。

明治政府[編集]

玉川上水-声:江川大輔
明治政府の要人。このゲームにおけるラスボス的存在。愛刀は金色のサーベルの「ニイタカヤマ」。
日向隼人-声:津川悟
政府の手先として赤玉党に潜りこんでいた。赤玉党潜入時の愛刀は「二代菊正」、政府軍の際の愛刀は「残月」。
政府役人
玉川の部下。見た目のバリエーションは2種類存在する。体が大きい方は体力が高い。
忍者
政府特殊忍軍の兵士。一切の感情を破棄した機械のように無表情で無口。

茶屋甘栗[編集]

すず-声:小暮英麻
甘栗の看板娘。戊辰戦争にて両親を失い、栗吉に拾われる。今に至るまでさまざまな逆境に合うが、それでもめげずに生きており、峠には彼女のファンが多い。
忍道 戒」では甘栗らしき所で忍者が酒を飲んでいるシーンがある。そこには彼女らしき人物が登場している。
栗吉-声:上田陽司
親なし子のすずを引き取り、以後2人で生活してきた。高齢のためボケが進んでいるが、若い頃はかなりの使い手だったとか。ゲーム中のあるキャラの師匠とも噂される。
ドナルド・ドナテロウズ-声:小野大輔
愛称ドナドナ。武士道に傾倒しているイギリス人。アフロヘアーがトレードマークであり、すずに想いを寄せている。愛刀は「活火山」。侍シリーズ第3弾『サムライウエスタン』ではずばりドナルドなるキャラが登場したり、『侍道3』では伴侶としてドナルドを女性化した「ドナ」が登場する。『侍道4』ではDLCでのみ登場する。
堂島軍二-声:伊丸岡篤
鍛冶屋を営む無骨な男。幕末には「鬼軍二」の名で知られた人斬りであったが、今は非道な仕打ちを受ける宿場の人々に心を痛めている。鍛冶屋なので刀を鍛えてくれるが、料金を払わない客には非常に厳しい。愛刀は鍛冶に使用する槌「武富士」。『侍道2』では彼と瓜二つのキャラが登場、『侍道3』では兄弟として登場、『侍道4』では鬼軍二時代の彼を見る事が出来、一定の条件を満たせばプレイヤーキャラとしても使用出来るようになる。

その他[編集]

井ノ頭茂吉-声:加藤将之
賄賂によってさまざまな悪行を見逃している汚職警官。「死刑!」が口癖。完全版において政府役人に利用され惨殺されるシーンが追加された。
保世大佐エ門-声:吉野貴宏
通称ホセ。井ノ頭のボディーガード。怪力だが頭は弱い。政府軍の中には彼と同じような声のザコ兵がいる。
東横苑仙-声:丁田政二郎
ふらりと峠に現れた謎の浪人。主人公にさまざまな助言を与えてくれる。『侍道2』にて、主人公が町の子供に「東横苑仙」という名前をつけることができる。
先生
チュートリアルで登場。条件を満たせばプレイヤーキャラとして使用することも可能。『侍道2』では隠しプレイヤーキャラ、『侍道3』では芽隆道場の師範代としてゲスト出演、『侍道4』では放浪中の謎の剣士として登場し、道場の師範代にしたり夜這いの対象にも出来、夜這いを成功させた後はプレイヤーキャラとしても使用出来るようになる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]