侍 (ゲームソフト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation 2
開発元 アクワイア
発売元 日本の旗スパイク(現・スパイク・チュンソフト
アメリカ合衆国の旗BAM! Entertainment
欧州連合の旗Eidos Interactive
プロデューサー 木村眞紀(スパイク)
寺澤徳善(スパイク)
ディレクター 中西晃史
シナリオ 坂本正吾(アコルト
三浦洋晃(プラウド・エンターテイメント
プログラマー 土田智裕
鷲見昌俊
飯塚哲也
鎌田浩平
原田拓
原田尚弘(エーエルユー)
三ヶ尻浩生
小林伸隆
音楽 朝倉紀行(メガアルファ)
人数 1人~2人
メディア CD-ROM
DVD-ROM(完全版)
発売日 日本の旗2002年2月7日
アメリカ合衆国の旗2002年5月31日
欧州連合の旗2002年9月13日
日本の旗2003年1月16日(完全版)
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
テンプレートを表示

』(さむらい、Way of the Samurai)は2002年2月7日スパイク(現スパイク・チュンソフト)よりPlayStation 2用ソフトとして発売されたアクワイア製作のゲームソフト。2003年1月16日には、内容を追加・拡張したバグ修正版の『侍〜完全版〜』(廉価版)が発売、また2008年9月18日には、タイトルの名称を変えアドホック対戦モードや刀の追加収録をしたPlayStation Portable専用ソフト『侍道ポータブル』が発売された。音楽は天誅シリーズの朝倉紀行

明治時代のを題材としたアクションゲームで、最後の侍たちの織り成す武士道の世界が描かれている。続編として『侍道2』が発売されている。プレイ終了後にはそれまでの行動が侍らしかったかどうか評価が下され、刀を使用し開発する技など遊び要素が複数ある。

ゲーム中使用する刀は「上」が八相の構え、「中」が中段の構え、「下」が実戦用に修正した下段の構え、「片」が片手持ち、「脇」が脇構え、「忍」が逆手持ちである。

意図的な裏技も多々あり、それを使えばアクションゲームが苦手なプレーヤーでもエンディングが見られるようにはなっている。裏技の他に物語が途中で進められなくなるような明らかなバグも複数存在する。

条件を満たせば、漫画『無限の住人』の主人公である「万次」がプレイヤーとして使用可能となる。これは漫画の作者沙村広明が、同じアクワイア制作の『天誅 忍凱旋』のパッケージデザインを務めた縁による。


侍道ポータブル[編集]

侍道ポータブル
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation Portable
開発元 ゼロディブ
発売元 スパイク
人数 1人~2人(アドホック通信対応)
メディア UMD・ダウンロード版
発売日 2008年9月18日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
デバイス メモリースティックDuo192KB以上
テンプレートを表示


2008年9月18日発売された侍の移植版のPSP専用ソフト。バグを修正し、海外版の内容を追加・拡張した「侍〜完全版〜」が後に発売された。

変更・追加要素[編集]

アドホック対戦モードによってユーザー同士で好きなキャラクターを使って通信対戦が可能となった。またPlayStation 3専用ソフト『侍道3』の発売に先駆けて侍道3の特別映像が追加収録され、侍道3の主人公が追加された。刀は二十本以上追加され全六十本と大幅に増加した他イベントも増量され新たにオープニングが作り直された。特典として旧オープニングも収録されている。

携帯アプリ[編集]

2008年2月21日NTTドコモiアプリ及びvodafoneVアプリ向けとして「侍道 契」が配信された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]