余小恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
余小恵
誕生 1949年(69–70歳)
上海市
職業 小説家
言語 中国語
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
教育 天津師範大学
活動期間 1981年現在
ジャンル 小説
代表作 『都市風流』
主な受賞歴 第三回茅盾文学賞
1991年 『都市風流』
配偶者 孫力
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
余小恵
各種表記
繁体字 余小惠
簡体字 余小惠
拼音 Yu Xiaohui
英語名 Yú Xiǎohuì
テンプレートを表示

余 小恵(よ しょうけい、1949年—)は、中華人民共和国の小説家[1]。代表作に小説『都市風流』。中国共産党党員。

略歴[編集]

原籍は江蘇省揚州市で、1940年1月4日に上海市に生まれた。

1968年、黒竜江省生産建設兵団に入団。

1974年天津師範大学中文系卒業。後、天津工芸美院教員、党委副書記、天津中医学院教員、幹部、天津百花文芸出版社『小説月報』編輯部及編輯室編輯、主任、副編審、編審、東方文化影視中心主任を歴任する。

1981年に執筆活動を開始した。

1991年、中国作家協会に入会。

作品[編集]

共著長篇小説[編集]

  • 孫力共著『但願人長久』
  • 孫力共著『都市風流』

短篇小説[編集]

  • 孫力共著『棗花蜜』

劇本[編集]

  • 『走向冰川』
  • 孫力共著『真誠』
  • 『観世音伝』

受賞[編集]

1991年、『都市風流』、第三回茅盾文学賞

『真誠』、天津市第二回魯迅文学賞。

『但願人長久』、天津市第四回魯迅文学賞。

脚注[編集]