余命三年時事日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

余命三年時事日記(よめいさんねんじじにっき)は、ブログおよびブログを書籍化した書籍のタイトル。

概要[編集]

2011年より余命3年であると宣告された自称在日コリアンの人物が、韓国や在日や左翼が知られたくない情報を暴露するというものであった。始めた人物は2013年12月に死亡し、残されたプロジェクトメンバーによってブログは継続とされていた[1]2015年5月にはこのプロジェクトメンバーから三代目に引き継がれて、三代目は二人存在していた[2]

2015年に「7月9日から日本にいられなくなる、帰らないと」(外国人登録証明書在留カードに切り替えられる)と書いた事があり、これが「この日を以て全ての在日は不法滞在であり強制送還の対象になる」というデマ[3]に繋がった。

弁護士の懲戒請求[編集]

2016年日本弁護士連合会や複数の弁護士会朝鮮学校への補助金を停止することに反対する声明を出した。これに対して余命三年時事日記は2017年6月ごろから弁護士名を掲載して懲戒請求を呼びかけた。このことから所属する弁護士会には13万件の懲戒請求が届き、大半が請求理由をほぼ同じ内容の文章で綴っていた[4]

2018年11月には東京弁護士会会員の佐々木亮北周士が精神的苦痛を受けたとして、懲戒請求を行ったうちの6人を相手取り計396万円の損害賠償を求めて東京地方裁判所に提訴した。他の請求者とは和解が成立していた[5]2019年4月に東京地裁の裁判長は、2人が朝鮮学校に適正な補助金交付を求める東京などの弁護士会長声明の作成や発表には関与していなかったと認定し、懲戒請求には根拠が無く懲戒制度の趣旨目的に照らして正当性に欠くとして、6人に慰謝料全額の計360万円の支払いを命じた[6]

書籍[編集]

全て青林堂より。著者は「余命プロジェクトチーム」を称する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]