昭献皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
何姫から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

昭献皇后(しょうけんこうごう、生没年不詳)は、中国三国時代の人物。姓は氏。孫和の側室。揚州丹陽郡句容県(現在の江蘇省句容市)の出身。父は何遂。子は呉の末代皇帝である孫皓。弟は何蒋何洪何植。「昭献皇后」は尊号である。

生涯[編集]

通称は何姫(『姫』は、宮人の汎称)。騎兵隊長であった何遂の娘であった。孫権の兵営行幸の際、道端に立つ何姫を見初め、宦官に命じて彼女を三男である孫和に下賜した。孫和との間に孫皓を儲ける。

太元2年(252年)、孫和は太子を廃されて長沙に押し込まれ、建興2年(253年)には孫峻孫魯班(全公主)の讒言により新都郡へ強制移住となった上で、自害を命じられた。しかし何姫は、孫和とその正妻の張妃張承の娘)が自害した後も生き延び「もし皆が従死したなら、誰が孤児を養うのですか」と言い、孫皓と孫和の遺児を養育した。

孫休が即位すると、孫皓が烏程侯に封じられ任地に赴いたため、何姫も同行した。

元興元年(264年)に孫皓が即位すると、同年7月何姫は昭献皇后の尊号を授けられた、昇平宮と称した。さらに9月には皇太后となり。一族も外戚として優遇された。何氏の子弟の素行が悪かったため、百姓はその一族を恨んだ。滕皇后は孫皓の寵愛を失った後、何太后の勧めがあったため、皇后の地位が保留された。そのこともあり、滕皇后はこれ以降、よく彼女の世話をするようになったという。

建衡3年(271年)春正月、孫皓が妃妾など大勢を引き連れて華裡まで進んだ際にも同行しているが、その後は史書に記載が見当たらない。

参考文献[編集]