何切る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

何切るなにきる)とは麻雀において、手牌13枚に自摸した1枚を加えた計14枚の牌の中からどの牌を打牌するかを問う問題のことをいう。

多くの場合、牌効率を成立させる技術を向上させるための練習素材とされる。また出題者が自らの麻雀観を披露するための素材とする場合もある。なお、何切るの問題には他のプレイヤーの捨て牌は無視するという条件付きのものが多い。

主な「何切る」の書籍[編集]