何キ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「何夔」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

何 夔(かき、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代の人物。字は叔龍。豫州陳郡陽夏県(河南省太康県)の出身。父や母の名は不明。叔父は何衡。子は何曾。孫は何劭・何遵。曾孫は何蕤・何嵩・何綏・何機・何羨。

曽祖父は安帝時代の人物である。宦官に疎まれ免職となった叔父に連座して、父も官位を失ったようである。父を早くに亡くしたため、母や兄と生活した。

戦乱を避けて揚州へ至った。193年袁術が揚州へ進出すると、袁氏の縁者でもあった何夔を招こうとしたため拒絶した。また197年、袁術が橋蕤と共に蘄陽に侵攻した際、何夔を脅して蘄陽を降伏させようとしたがこれも拒絶した。後、曹操の下に逃れて登用された。

曹操は厳しい性格で、職務で誤りを犯した属官をよく杖で殴っていた。曹操が司空だった時、何夔は彼の属官となった。このため毒薬を所持し、杖で叩かれたら毒薬を飲む覚悟で職務に当たっていたという。孫盛は曹操のこの行動を礼節に欠けると批判するとともに、毒薬で処罰を逃れようとする何夔の心の狭さも批判している。

何夔は郡太守をいくつか経験し、海賊の菅承を降参させ郭祖を討つなど治績をあげた。また、曹操に軍事・政治の両面で何度か有益な進言を行なった。

その後は曹丕付となり、涼茂と共に仕えた。毛玠と親しい一方で丁儀兄弟とは仲が悪かったため、丁儀の権勢を案じた傅巽に忠告された。しかし何夔は、丁儀が道義に外れた行ないをする限り、失脚を免れることはできないだろうと予想した。やがて丁儀は粛清されることになった。

が成立すると列侯に封じられた。死後、靖侯と諡された。