体さばき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

体さばき(たいさばき)とは、柔道投技を仕掛ける際に、技を繰り出すための位置関係(体の向きや距離)を作る予備動作である。

足さばきとも呼ばれ、主として、足の動きとして解説されることが多い。

なお、柔道には崩しという予備動作もあるが、崩しと体捌きは同時に行われるべきものである。

体さばきの例[編集]

名称は「○足□□さばき」という形になる。

○足ははじめに動かす足を、□□は動かす方向を表す。


「回り」のつかない前さばき後ろさばきは、自分の体を90°回転させ、相手の体と直角の位置関係(横を向く形)になる。

前さばき

踏み込む形。

後ろさばき

足を引く形。


「回り」のつく前回りさばき後ろ回りさばきは、自分の体を180°回転させ、相手に完全に背を向ける位置関係(後ろを向く形)になる。

前回りさばき

前さばきから後ろさばきをする形。

後ろ回りさばき

後ろさばきから前さばきをする形。


下の図は、右組で解説する。

左組の場合は左右が反対になる。

参考文献[編集]

 斉藤仁 南條充寿 「柔道パーフェクトマスター」ISBN 978-4-405-08624-1

外部リンク[編集]