佐野ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐野ラーメン
Sano ramen 002.jpg
典型的な佐野ラーメン
基本情報
提供地域 栃木県佐野市
麺の特徴 平打ち縮れ麺
スープ
出汁 鶏ガラ豚骨など
かえし 多くの場合醤油
具材
具材 チャーシュー
メンマ
ナルト
長ネギ
備考 麺は青竹を用いて打たれる
テンプレートを表示

佐野ラーメン(さのラーメン)とは、栃木県佐野市を中心として食べられているラーメンであり、関東地方のご当地ラーメンの一つである。

佐野市の近代の重要な食文化である。

特徴[編集]

佐野ラーメンの特徴:青竹打ち

[編集]

を使ってをうつ、青竹打ちの平麺が特徴[1][2][3]。これは青竹に脚をかけ、竹の下に麺の材料となる練った小麦粉の塊を置き、体重をかけて延ばしていく製法である[3]。麺はコシが強く、太さは中太から細麺、平打ちなど、店によって異なる[3]。なお「竹打ち」が特徴の佐野ラーメンではあるが、竹打ちを再現出来る製麺機も登場しており、必ずしも全ての佐野ラーメンが手打ちの「竹打ち」というわけではない。

スープ[編集]

コクのある醤油味が特徴とされるが[2]、店によって鶏がらであったり豚骨であったり[3]東京ラーメンに近い透き通った醤油スープ、 醤油が若干入った塩ラーメンの様なもの、味醂で甘味を付けたものが存在する。

具材[編集]

具材についてはチャーシュー、刻み長ネギ(白ネギ)が入ることが多い[3]

地域[編集]

発祥地である栃木県佐野市とその周辺地域に多いが、北関東を中心にかなり広範な地域で見られる。

栃木県外でも隣接する群馬県南東部や茨城県西部の他、埼玉県内でも荒川JR高崎線以東の地域ではラーメン店の数に対して比較的よく見られ、佐野市の近隣の高速道路のSA・PA内のレストランや軽食コーナーでも提供されている。

土産物としても首都圏では広範にSA・PAや道の駅・ターミナル駅などの土産物店などで2-4食箱入りセット商品などを中心に販売されており、その他の地方などでも北関東の物産展などで販売されることが多々見られる。

拉麺職人の佐野実が創業したラーメン店『支那そばや』で供されるラーメンを「佐野ラーメン」と呼称することもあるが、佐野は神奈川県横浜市出身でかつ「支那そばや」も神奈川県で展開されている店舗のため、関連性は無い。

脚注[編集]

  1. ^ 新横浜ラーメン博物館 - 佐野ラーメン - 全国ご当地ラーメン
  2. ^ a b 下野新聞社編 編「佐野市」 『見たい・知りたい・遊びたい とちぎ探検隊 市町村ガイドブック 2004年度版』下野新聞社、2004年4月27日、276頁頁。ISBN 4-88286-238-7 
  3. ^ a b c d e 「寄り道スポット2 佐野ラーメン」 『日光・那須 '10』昭文社〈まっぷるマガジン〉、2009年4月15日、130-131頁頁。ISBN 978-4-398-26412-1 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]