佐賀県立伊万里高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐賀県立伊万里高等学校
Imari High School.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 佐賀県
学区 西部学区
併合学校 佐賀県立伊万里第一高等学校
佐賀県立伊万里第二高等学校
校訓 自律・創造・友愛
設立年月日 1916年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 41107J
所在地 848-0032
佐賀県伊万里市二里町大里甲2600
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

佐賀県立伊万里高等学校(さがけんりついまりこうとうがっこう, Saga Prefectural Imari High School)は、佐賀県伊万里市二里町大里甲2600にある公立高等学校。通称「伊高」(いこう)。進学校である。平成27年度に創立100周年を迎える。

設置学科[編集]

1学年の人数は200名。5クラス制である。

  • ほとんどの生徒が上級学校への進学を目指す。

近年の国公立大学合格者数は毎年100名を超える。

校訓[編集]

  • 自律・創造・友愛

スローガン[編集]

  • 希望(のぞみ)ゆたかに はばたけ明日へ

校章[編集]

校歌[編集]

  • 作詞 - 片岡繁男
  • 作曲 - 森脇憲三
    • 歌詞は3番まであり、3番に校名の「伊万里」が登場する。

応援歌[編集]

  • 伊万里高等学校第一応援歌 - 4番まであり、各番とも「ああ中原に鹿を追う伊高健児の意気高し」で終わる。伊高祭でよく歌われる。
  • 伊万里高等学校第二応援歌 - 2番まである。

逍遙[1][編集]

  • 作詞 - 片岡繁男
  • 作曲 - 池田松洋
    • 次の3部構成になっている。
      • 1. 青春の歌 - 4番まである。
      • 2. 栄冠の歌 - 3番まである。
      • 3. 雑草の歌 - 4番まである。

学区・通学区域[編集]

沿革[編集]

概要[編集]

  • 戦前の旧制中学(男子校)[2]と高等女学校が戦後の学制改革で統合されてできた学校であるが、高等女学校が先に開校していたため、創立年数は高等女学校の開校年を基準に数えられている。

年表[編集]

伊万里高等女学校[編集]

  • 1916年大正5年)- 伊万里町立伊万里実科女学校が開校。 この年を基準に創立年数が数えられている。
  • 1925年(大正14年)- 伊万里町外4ヵ村組合立伊万里実科女学校となり、修業年限を4年とする。
  • 1928年昭和3年)- 伊万里町外4ヵ村組合立伊万里高等女学校と改称。
  • 1929年(昭和4年)- 県に移管され、佐賀県立伊万里高等女学校と改称。
  • 1948年(昭和23年)- 学制改革に伴い、佐賀県立伊万里第二高等学校(女子校)となる。昼間定時制課程を併置。

旧制伊万里中学校[編集]

  • 伊万里商業学校の沿革に関しては、佐賀県立伊万里商業高等学校#沿革を参照。
  • 1945年(昭和20年)- 伊万里商業学校が佐賀県立伊万里中学校(男子校)となる。
  • 1948年(昭和23年)- 学制改革に伴い、佐賀県立伊万里第一高等学校(男子校)となる。

新制伊万里高等学校[編集]

  • 1949年(昭和24年)- 伊万里第一高等学校と伊万里第二高等学校を統合し、佐賀県立伊万里高等学校男女共学、現校名)となる。
  • 1950年(昭和25年)4月 - 定時制課程の商業科を設置。
  • 1952年(昭和27年)4月 - 全日制課程の商業科を設置。
  • 1953年(昭和28年)4月 - 商業科が佐賀県立伊万里商業高等学校として分離・独立。
  • 1967年(昭和42年)- 二里町大里(現在地)の新校舎へ移転。
  • 1985年(昭和50年)- 創立60周年記念事業として同窓会館が完成。
  • 2005年平成17年)- 創立90周年記念式典を挙行。

学校行事[編集]

3学期制

1学期[編集]

  • 4月 - 始業式・着任式、入学式、新入生オリエンテーション、開校記念腰岳[3]登山
  • 5月 - 後援会総会、西体連、1学期考査、地域ボランティア活動、生徒総会
  • 6月 - 高校総体
  • 7月 - 1学期期末考査、クラスマッチ、三者面談、夏季補習(特課)
  • 8月 - 学習会、夏季補習(特課)、体験入学

2学期[編集]

  • 9月 - 伊高祭(文化の部・体育の部)
    • 1日目に文化祭を実施 - ステージ発表、展示、バザー等が行われる。
    • 2日目に体育祭を実施 - 出身中学校別に東西南北の4学友団(青・黄・赤・緑の4色)を結成し競う。
  • 10月 - 2学期中間考査、クラスマッチ
  • 11月 - コース説明会、校内読書会
  • 12月 - 2学期期末考査、三者面談、冬季補習(特課)

3学期[編集]

部活動[編集]

運動部[編集]


文化部[編集]


制服[編集]

PTA組織[編集]

  • 後援会」と呼ばれている。
    • 会報誌 - 「笹尾台[4]の風」

同窓会[編集]

  • 伊万里高等学校富士同窓会
    • 会報誌 - 「伊万里富士」- 腰岳[3]の別名。

著名な出身者[編集]

アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読みは「しょうよう」。意味は「気ままに歩き回ること」。
  2. ^ 旧制伊万里中学校は、伊万里商業学校を前身とし、商業学校の開校年まで含めると1900年(明治33年)で高等女学校よりも早いが、「旧制中学校」となったのは1945年(昭和20年)であったので、その点で考えると高等女学校の方が先に開校していると言える。
  3. ^ a b 伊万里市にある山の一つ。読みは「こしだけ」。標高488m。
  4. ^ 校舎の建つ丘

関連項目[編集]

外部リンク[編集]