佐賀替え玉保険金殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐賀替え玉保険金殺人事件(さがかえだまほけんきんさつじんじけん)とは1981年昭和56年)1月22日に発生した殺人事件。

当初、佐賀の海岸で自動車事故に偽装して水産会社社長が殺害されたとみられ捜査が開始したものの、それは犯人一味である妻の遺体確認を警察が鵜呑みにしてしまっていたことによる誤解であった。

また、その後、従業員として同社へ雇い入れられた愛人の蒸発した夫が疑われたが、これもまた犯人一味である愛人の説明を警察が信じたことによる誤解であった。

実際に海岸で殺されたのは競艇場でたまたま社長に目をつけられた年齢や背格好が社長に似た人物だった。

全ての筋書きは真犯人である社長本人が計画したものであり、当人は妻及び愛人拘束の数日後に山陽本線へ飛び込み、自殺した。

参考文献[編集]

  • 毎日新聞1981年1月23日夕刊8ページ社会面「転落車の中に社長の遺体 殺害?首絞めた跡 佐賀の海岸」
  • 毎日新聞1981年1月24日夕刊7ページ社会面「偽装殺人と断定・乗用車の転落死」
  • 毎日新聞1981年1月27日夕刊7ページ社会面「首謀者は妻だった 佐賀の社長殺し」「現場に同行の女元社員が告白」「殺し屋雇い事故偽装」「2億円借金 保険で清算狙う」「社長の血が私の手に・・・生々しく犯行模様」
  • 毎日新聞1981年1月28日19ページ社会面「提案したのは私の夫」「佐賀の社長殺し」「元女子従業員が自供」「保険金狙い凶行手伝う」
  • 毎日新聞1981年1月28日夕刊9ページ社会面「海底から犯行車」「佐賀の社長殺し 中村の夫の行方追う」
  • 毎日新聞1981年1月29日19ページ社会面「”凶悪の筋書„どんでん返し」「保険金狙い酒井、ついに自滅」「脱サラの野心、転落」「派手好き強引事業で借金苦」「妻と愛人の演技もしたたか」「ラジオで刻々情報観念して自殺か」「甘い捜査 振り回された警察」「「なぜ主人が、父が」涙の森下さん家族」「幕切れもショック」「豊子の涙、大ウソだったとは」
  • 毎日新聞1981年1月29日夕刊13ページ社会面「「見知らぬ男殺した」 替え玉殺人、酒井が遺書 清美を本格取り調べ」

取り扱ったマスメディア[編集]

関連項目[編集]