佐賀ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐賀ラーメン
佐賀ラーメン.jpg
佐賀ラーメン
種類 ラーメン
発祥地 日本の旗 日本
地域 佐賀県
テンプレートを表示

佐賀ラーメン(さがラーメン)は、佐賀県佐賀市を中心に作られるラーメン

歴史[編集]

久留米ラーメンの発祥の店の1つと言われるラーメン専門店「三九」の店主・四ヶ所日出光は、久留米市以外にも福岡県八女市や熊本県玉名市で出店していたが、四ヶ所はこれらの店を譲渡すると、1956年に縁もゆかりもない佐賀市にラーメン店「三九」を構えた[1]。久留米市や玉名市に続いて、佐賀市の「三九」もまた人気店となった。四ヶ所は「三九」の従業員にラーメン作りを伝授しており、1955年に「一休軒」を起こしていた大串進はその従業員(元従業員)と試行錯誤し、久留米ラーメンから佐賀ラーメンを作り上げていった[1][2]。「一休軒」も人気店となる。1975年、製薬会社を辞めた本村敏光は「一休軒」で修行を始め、1980年に独立する[1]。本村は、屋号の使用許可を頼み込み、「一休軒 鍋島店」を起こした[1]。「一休軒 鍋島店」も、また佐賀ラーメンの本流の1つとなる[1]

なお、「一休軒」は2011年に閉店[1][2]。「一休軒 鍋島店」は2011年に屋号を「もとむら」に変更している[1]。「三九」は2013年に火災に遭い2014年時点で休業中である[1]

特徴[編集]

は、やや太めのストレート麺で、柔らかめである[2]スープは久留米ラーメン同様の豚骨スープだが、塩分、脂分とも控えめに仕上げられている[2]

ゆで卵ではなく、生卵をトッピングすることも多い[1][2]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]