佐藤靖彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤靖彦(さとう やすひこ、1944年4月4日- )は、ロシア文学者、歌人、東海大学名誉教授。

東京都生まれ。早稲田大学文学部露文科卒、同大学院博士課程単位取得満期退学。東海大学外国語教育センター助教授、教授、2000年定年、名誉教授[1]。ロシア語、ロシア英雄叙事詩専攻。「新日本歌人」所属の歌人。

著書[編集]

  • 『ロシア語作文・日本の四季 和文露訳の試み』新読書社 1991
  • 『ロシア語作文・日本の風俗 和文露訳の試み』新読書社 1993
  • 『ロシア語作文の基礎』ナウカ 1993
  • 『虹を見る 佐藤靖彦歌集』新日本歌人叢書 1994
  • 『旅のロシア語会話』新読書社 1997
  • 『あした吹く風 佐藤靖彦歌集』短歌新聞社 新日本歌人叢書 1999
  • 『朝凪の湖 歌集』短歌新聞社 新日本歌人叢書 2002
  • 『湖の畔にて 歌集』新日本歌人叢書 2013

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 『ロシアの家庭訓 ドモストロイ』新読書社 1984
  • D.V.コレソフ『悪癖の構造 若者のアル中,ニコ中の恐怖』新読書社 1986
  • V.V.ボリシャコフ『人間の権利と資本主義』新読書社 1986
  • B.F.セルゲーエフ『脳を考える』清野茂博共訳 新読書社 1987
  • ナターリヤ・ドゥーロワ『サーカス・動物・人生』浪江啓子共訳 新読書社 1989
  • ユーリィ・ドミトリエフ『人間と動物の関係』新読書社 シリーズ・人間と動物 1989
  • アファナーシェフ編『まほうのゆびわ ロシア民話集』A.クルキン絵 新読書社 1989
  • A.ゴルボフスキー『異界 超常現象をみる』新読書社 1994
  • A.ゾーリナ『ボロディン その作品と生涯』新読書社 ロシアとソビエトの作曲家たち 1994
  • 『カエルの王女 ロシア民話集』イワン・ビリービン絵 新読書社 1996
  • ソコロワ『ラフマニノフ その作品と生涯』新読書社 1997
  • セルギー『ロシア人宣教師の「蝦夷旅行記」』新読書社 1999
  • 『ロシア英雄叙事詩の世界 ブィリーナを楽しむ』編訳 ゲオルギー・ユージン絵 新読書社 2001

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年