佐藤雄亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 雄亮(さとう ゆうすけ、1960年 - )は、ロシア在留の日本人研究者である。ロシア文学専門であり、レフ・トルストイ研究で知られる。

経歴[編集]

主な雑誌・論文[編集]

  • 「『戦争と平和』の作品構造とジャンル」『早稲田大学大学院文学研究科紀要・露文関連文学・芸術学編』18集、1991年。
  • 「『戦争と平和』における認識」『日本ロシア文学会』、1991年。
  • 「『アンナ・カレーニナ』におけるシンボリカ-「小柄な髭もじゃの男」の意味」『ヴェースチ』3号、1994年。
  • 「現在のロシアにおけるトルストイ研究」『ロシア文化研究』2号、1995年。
  • 「『アンナ・カレーニナ』における「内的関係」-「赤い袋」と「小さな髭もじゃの男」について」『日本ロシア文学会 編』、1995年。
  • 「アンドレーエフ『世界の薔薇』-スターリン時代の神秘思想」『ユリイカ』、1996年3月号。

関連項目[編集]