佐藤鋼次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 鋼次郎(さとう こうじろう、文久2年4月9日1862年5月7日) - 大正12年(1923年9月18日)は、日本陸軍軍人軍事評論家関東國粹会総長。最終階級は陸軍中将

生涯[編集]

尾張国出身。陸軍士官学校卒業。旧8期の同期に田中義一(第26代総理)、山梨半造(陸相)など。明治26年(1893年)、ドイツに留学。日清戦争日露戦争に従軍。旅順要塞参謀長を経て、明治45年(1912年清国駐屯軍司令官に就任。第一次世界大戦にも従軍した。大正5年(1916年)、中将に進む。予備役編入後は軍事評論家に転身し、関東國粹会総長も務めた。

栄典[編集]

位階
勲章

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第1035号「叙任」1886年12月10日。
  2. ^ 『官報』第2551号「叙任及辞令」1892年1月4日。
  3. ^ 『官報』第6445号「叙任及辞令」1904年12月22日。
  4. ^ 『官報』第7998号「叙任及辞令」1910年2月23日。
  5. ^ 『官報』第789号「叙任及辞令」1915年3月23日。
  6. ^ 『官報』第1624号「叙任及辞令」1917年12月29日。
  7. ^ 『官報』第700号「叙任及辞令」1914年12月1日。

参考文献[編集]