佐藤金兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤金兵衛(さとうきんべい、1925年1月5日 - 1999年1月21日)は日本武術家。福島県いわき市出身。開業医(産婦人科)を営む傍ら、日本武道および中国武術各派を修め、日本兵法大和道を創始する。昭和の日本に中国武術の内家拳の普及に努めた武道家。武号柔心斎

幼少から祖父より大和流柔術(ただし、二代目柔心斎を襲名した佐藤の息女は大和流弓術としている)の指導を受ける。中学卒業後に満州へ渡り、国立医科大学の医学生となったが終戦後帰国。帰国後、東北大学医学部に進み、この頃より影山流剣術柔術各派(八光流柔術合気道、武田流合気之術、大東流合気柔術山本角義の系統)、天神真楊流柔術荒木新流柔術、一天柳心冑介流柔術、柳生心眼流兵術(東北伝)、浅山一伝流体術上野貴の系統)、神道天心流拳法卜伝流柔術高木楊心流柔術・九鬼神流棒術、義鑑流骨法術)、神道自然流空手術 等を学ぶ。

昭和29年(1954年)からは、警察大学校逮捕術の講師を務めた。

昭和33年(1958年)に医学博士の学位を得る。同年に上京し、医業の傍ら道場を開く。翌年以降、台湾から来日した王樹金より形意拳太極拳八卦掌を学ぶ。この頃に全日本中国拳法連盟を設立し、その後も各種中国武術の武術家を招聘し、拳法や擒拿術を学び、また普及に努めた。八卦掌では三世伝人の李子鳴から四世伝人を受けている。

自らが修行した柔術各流派の技を集大成し、一部に中国武術を加味して「日本兵法大和道」を創始した。ただし、大和道のみを教える形態はとらず、門人に柔術を教授する際には、大和道と柳生心眼流を並行して指導した。

代表的な著作[編集]

  • 『中国拳法正傳』(講談社)
  • 『柔術入門』(ベースボールマガジン社)
  • 『【正伝】実戦八卦掌』(ベースボールマガジン社)
  • 『【正伝】実戦擒拿術』(ベースボールマガジン社)
  • 『【正伝】実戦点穴術』(ベースボールマガジン社)
  • 『柔と拳と道』(ベースボールマガジン社)
  • 『太極拳』(愛隆堂)
  • 『少林拳』(愛隆堂)
  • 『形意拳』(愛隆堂)
  • 『八卦掌』(愛隆堂)
  • 『中国少林拳法』(愛隆堂)
  • 『暴力に勝つ護身術』(未央書房)
  • 『これがカンフーだ!!』(教育出版センター)等

外部リンク[編集]