佐藤郁良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 郁良(さとう いくら、1968年9月24日 - )は、日本俳人

東京都生まれ[1]1981年開成中学校・高等学校に入学し、同校では生徒会長を務めた。1987年に卒業。東京大学文学部国文学専修卒業後[2]、1997年から開成中学校・高等学校国語科教諭[2]2001年、俳句部の顧問として俳句甲子園に引率したことをきっかけに、自らも句作開始する[2]。それ以後、6年連続で俳句甲子園出場に導く[1]2003年「銀化」入会[1]2006年同人新人賞受賞[1]2010年副編集長。2007年、第1句集『海図』で第31回俳人協会新人賞を受賞[2]

開成高校俳句部を率いて、俳句甲子園には第4回(2001年)から現在に至るまで、21年連続出場。優勝11回、準優勝4回に導く。教え子には山口優夢村越敦福田若之小野あらた岩田奎など。

著書[編集]

  • 『海図 佐藤郁良句集』ふらんす堂、2007年
  • 『俳句のための文語文法入門』角川学芸出版、2011年
  • 『星の呼吸 句集』角川書店、2012年
  • 『俳句のための文語文法 実作編』KADOKAWA、2017年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 佐藤郁良 プロフィール”. 公益社団法人俳人協会・俳句文学館. 2022年4月閲覧。
  2. ^ a b c d 『俳句を楽しむ』著者略歴”. 岩波書店. 2022年4月15日閲覧。

参考[編集]