佐藤道信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 道信(さとう どうしん、1956年6月2日[1] - )は、日本の美術史学者、東京藝術大学教授。

人物[編集]

秋田県生まれ。秋田県立本荘高等学校を経て、1979年東北大学文学部東洋日本美術史専攻卒、1981年同大学院修士課程修了、板橋区立美術館学芸員、1982年東京国立文化財研究所研究員、1994年東京藝術大学美術学部助教授、1999年『明治国家と近代美術』でサントリー学芸賞倫雅美術奨励賞受賞、2007年准教授、2009年教授。

著書[編集]

  • 『<日本美術>誕生 近代日本の「ことば」と戦略』講談社選書メチエ 1996
  • 『明治国家と近代美術 美の政治学』吉川弘文館 1999
  • 『美術のアイデンティティー 誰のために、何のために』吉川弘文館 2007

編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.480