佐藤運雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 運雄(さとう かずお、1879年11月18日 - 1964年1月1日)は、日本の歯学者日本大学理事長・名誉会頭。

略歴[編集]

東京府東京市本所区(現在の東京都墨田区)生まれ。東京府尋常中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を経て、1898年に高山歯科医学院(現在の東京歯科大学)卒業。1901年、レーキフォレスト大学歯学部、1903年、シカゴ大学ラッシュ医科大学卒業。帰国後は東京歯科医学院、帝大講師、1908年から1912年にかけて、南満州鉄道大連病院長兼南満医学堂教授

その後、1929年、文部省医術開業試験委員、1916年に東洋歯科医学校(のちの日大歯学部)設立。1933年より日本大学理事、1921年から創立なった日本大学専門部歯科初代歯科長に就任した。1943年に日本大学学長に。1946年から理事長

1928年、慶応大学 医学博士 論文の題は「混合唾液の物理化学的性質殊に其齲蝕罹患性との関係に就て」[1]

他に、日本歯科医師会会長、1957年から国際歯科学士院会員。

参考文献等[編集]

  • 「CD現代日本人名録 物故者編1901-2000」

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース