佐藤進 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 進(さとう すすむ、1926年1月1日 - 1998年3月1日)は、日本の経済学者新潟大学名誉教授。専門は、財政学地方財政論東京都生まれ。勲二等瑞宝章受章。

東京都行財政調査会専門委員、税制調査会専門委員、特別区政調査会委員、外務公務員採用上級職試験委員、東京都市政調査会藤田賞選考委員などを歴任。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『現代財政政策論:西ドイツを中心として』(時潮社、1964年)
  • 『近代税制の成立過程』(東京大学出版会、1965年)
  • 『日本財政の構造と特徴:国際比較的視点から』(東洋経済新報社、1966年)
  • 『現代税制論』(日本評論社、1970年)
  • 『付加価値税論』(税務経理協会、1973年)
  • 『地方財政・税制論』(税務経理協会、1974年)
  • 『財政学』(税務経理協会、1976年)
  • 『要説・日本の財政』(東洋経済新報社、1979年)
  • 『日本の税金』(東京大学出版会[UP選書]、1979年)
  • 『財政学入門』(同文館出版、1981年)
  • 『現代西ドイツ財政論』(有斐閣、1983年)
  • 『地方財政総論』(税務経理協会、1985年)
  • 『文学にあらわれた日本人の納税意識』(東京大学出版会[UP選書]、1987年)
  • 『日本の租税文化』(ぎょうせい、1990年)
  • 『日本の自治文化 日本人と地方自治』(ぎょうせい、1992年)

共著[編集]

  • 宮島洋)『戦後税制史』(税務経理協会、1979年)
  • (宮島洋)『財政』(東洋経済新報社、1983年)
  • 伊東弘文)『入門租税論』(三嶺書房、1988年)
  • 関口浩)『財政学入門〔改訂版〕』(同文舘出版、1998年)

編著[編集]

  • 『日本の財政学:その先駆者の群像』(ぎょうせい、1986年)

共編著[編集]

  • 高橋誠)『地方財政読本』(東洋経済新報社、1975年・第2版、1981年・第3版、1987年)
  • 林健久)『地方財政読本[第4版]』(東洋経済新報社、1994年)
  • 滝実)『地方消費税:その理論と仕組み』(地方財務協会、1995年)

翻訳[編集]

  • E.プライザー『資本主義の将来 新自由主義の理念と政策』(長坂聡との共訳、至誠堂[現代人叢書]、1959年)

論稿集[編集]