佐藤通雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 通雅(さとう みちまさ、1943年1月2日[1] - )は、日本歌人評論家。元高校教師。岩手県出身。東北大学教育学部卒業。

歌誌『短歌人』を経て、1966年文学思想個人編集誌『路上』を創刊。短歌評論児童文学研究などの分野で編集。宮沢賢治論、北原白秋論が多い。2011年の第120号にて第1期を終刊、第2期へと移行した。河北新報歌壇選者。

1965年、「青海」で第11回角川短歌賞候補。1971年新美南吉童話論』で第4回日本児童文学者協会新人賞受賞。1986年『日本児童文学の成立・序説』で日本児童文学学会賞奨励賞。2000年『宮沢賢治 東北砕石工場技師論』で第10回宮沢賢治賞受賞。2012年歌集『強霜』で第27回詩歌文学館賞短歌部門を受賞。

歌集、その他著書[編集]

  • 『新美南吉童話論 自己放棄者の到達』牧書店(1970)のちアリス館牧神社 
  • 『薄明の谷』短歌人会(1971)
  • 『もえるゆき』飛鳥童絵 牧書店 児童文庫 1973
  • 『水の涯 佐藤通雅歌集』沖積舎(1978)
  • 『白秋の童謡』沖積舎(1979)
  • 『宮沢賢治の文学世界 短歌と童話』泰流社(1979)
  • 『襤褸日乗 佐藤通雅歌集』沖積舎 1982
  • 『<教育>の現在』砂子屋書房(1983年)
  • 『日本児童文学の成立 序説』大和書房(1985)
  • 『アドレッセンス挽歌 佐藤通雅歌集』ながらみ書房 1987
  • 『北原白秋 大正期童謡とその展開』大日本図書(1987)
  • 『佐藤通雅歌集』砂子屋書房 現代短歌文庫 1987
  • 『生徒 教師の場所』学芸書林(1988)
  • 『横書きの現代短歌』五柳書院(1990)
  • 『子どもの磁場へ』北斗出版(1990)
  • 『学校はどうなるのか』学芸書林(1991)
  • 『リアルタイムの短歌論』五柳書院(1991)
  • 『宮沢賢治から<宮沢賢治>へ』学芸書林(1993)
  • 『美童 佐藤通雅歌集』ながらみ書房 1994
  • 『詩人まど・みちお』北冬舎 1998
  • 『天心 佐藤通雅歌集』砂子屋書房 1999
  • 『宮沢賢治 東北砕石工場技師論』洋々社(2000)
  • 岡井隆ノート 『0』から『朝狩』まで』路上発行所 2001
  • 『往還 佐藤通雅歌集』雁書館 2003
  • 『クレバスとしての短歌』ながらみ書房(2005)
  • 『予感 佐藤通雅歌集』角川短歌叢書(2006)
  • 『賢治短歌へ』洋々社(2007)
  • 茂吉覚書 評論を読む』青磁社(2009)
  • 『歌集 強霜』砂子屋書房(2011)
  • 『評論宮柊二 柊二初期及び『群鶏』論』柊書房 2012
  • 『昔話(むがすこ)佐藤通雅歌集』いりの舎(2013)

共編著[編集]

  • 『白鳥』北島新平共著 牧書店 新少年少女教養文庫 1971
  • 『新美南吉童話集 全1冊版』関英雄共編 鈴木康司絵 実業之日本社 1974
  • 小中英之全歌集』藤原龍一郎,天草季紅共編纂 砂子屋書房 2011
  • 『また巡り来る花の季節は 震災を詠む』東直子共選 NHKハートネットTV「震災を詠む2013」制作班監修 講談社 2014

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年