佐藤誠 (工学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 誠(さとう まこと、1951年2月 - ) は、日本の情報工学者東京工業大学名誉教授。元日本バーチャルリアリティ学会会長。

人物・経歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ[1]。1973年東京工業大学工学部電子物理工学科卒業。1978年東京工業大学大学院理工学研究科電気工学専攻博士課程修了、工学博士、東京工業大学情報工学科助手。1986年東京工業大学精密工学研究所助教授。1996年東京工業大学精密工学研究所教授[2][3]。2000年通信・放送機構研究フェロー。2008年電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ運営委員長[4]日本バーチャルリアリティ学会会長[5]。2012年東京工業大学精密工学研究所所長。2016年東京工業大学名誉教授、三次元映像のフォーラム代表幹事首都大学東京客員教授、電気通信大学客員教授、中国科学院上海SIMIT研究所客員顧問なども務めた[3][2]

受賞[編集]

  • 手島精一記念研究賞論文賞 2005[4]
  • 電子情報通信学会論文賞 1997[4]
  • 3次元画像コンファレンス'99優秀論文賞 2000[4]
  • 手島工業教育資金団手島記念研究賞発明賞 2000[4]
  • NICOGRAPH International 2002 Best Paper Award 2002[4]
  • LAVAL VIRTUAL 2002 AWARDS’PALMARES (Category Engineer) 2002[4]
  • 第3回システムインテグレーション(SI2002) 部門講演会ベストセッション賞 2002[4]
  • 第18回NICOGRAPH 論文コンテスト審査員特別賞 2002[4]
  • 平成15年度芸術科学会 第1回『DIVA』展入選 2003[4]
  • 平成15年度芸術科学会 第1回『DIVA』展優秀賞 2003[4]
  • 芸術科学会論文賞 2003[4]
  • CAADRIA 2004 Best Presentation 2004[4]
  • EuroHaptics 2004 Best Paper Award 2004[4]
  • CAADRIA 2004 Best Presentation 2004[4]
  • 日本VR学会論文賞 2005[4]
  • ACE 2005 BEST PAPER AWARD 2005[4]
  • Village de la Creation 2006[4]
  • エンタテインメントコンピューティング2006優秀論文賞 2006[4]
  • Trophee Personnages Animes en temps reel 2006[4]
  • 日本バーチャルリアリティ学会論文賞 2008[4]
  • ACE 2009 Best Paper Award 2009[4]
  • SIGGRAPH Asia 2018 TOKYO BEST VIRTUAL&AUGMENTED REALITY TECH 2019[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
行場次朗
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ運営委員長
2008年 - 2009年
次代:
長嶋祐二
先代:
岸野文郎
日本バーチャルリアリティ学会会長
2008年 - 2010年
次代:
廣瀬通孝