佐藤誠 (アフリカ研究者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐藤 誠(さとう まこと、1948年 - )は、日本のアフリカ研究者。専門は、南アフリカ地域研究、比較社会学。

東京都立大学人文学部卒業後、新聞記者を経て、リーズ大学で博士号取得。現在、立命館大学国際関係学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『飢餓からの解放――南部アフリカの自立と協同組合運動』(芽ばえ社, 1984年)
  • 『アフリカ協同組合論序説』(日本経済評論社, 1989年)

編著[編集]

  • 『協同組合の拓く町――スペイン・モンドラゴンの実験』(芽ばえ社, 1984年)
  • 『地域研究調査法を学ぶ人のために』(世界思想社, 1996年)
  • 『南アフリカの政治経済学――ポスト・マンデラとグローバライゼーション』(明石書店, 1998年)
  • 『社会開発論――南北共生のパラダイム』(有信堂高文社, 2001年)
  • 『越境するケア労働:日本・アジア・アフリカ』日本経済評論社、2010年

共編著[編集]

  • 川端正久)『新生南アフリカと日本』(勁草書房, 1994年)
  • (川端正久)『南アフリカと民主化――マンデラ政権とアフリカ新時代』(勁草書房, 1996年)
  • (アントニー・J・フィールディング)『移動と定住――日欧比較の国際労働移動』(同文舘出版, 1998年)
  • 安藤次男)『人間の安全保障――世界危機への挑戦』(東信堂, 2004年)
  • Protecting Human Security in a Post 9/11 World: Critical and Global Insights, co-edited with Giorgio Shani and Mustapha Kamal Pasha, (Palgrave, 2007).
  • 奥田宏司原毅彦文京洙)『エティック国際関係学』(東信堂, 2011年)

訳書[編集]

  • ヘンク・トマス, クリス・ローガン『モンドラゴン――現代生産協同組合の新展開』(御茶の水書房, 1986年)
  • ウィリアム・ホワイト, キャサリン・ホワイト『モンドラゴンの創造と展開――スペインの協同組合コミュニティー』(日本経済評論社, 1991年)
  • J・アール『イタリア協同組合物語』(リベルタ出版, 1992年)
  • ヴッパタール研究所編『地球が生き残るための条件』(家の光協会, 2002年)
  • マーティン・ワイト『国際理論――三つの伝統』(日本経済評論社, 2007年)