佐藤秀典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとう ひでのり
佐藤 秀典
生誕 (1981-03-28) 1981年3月28日(37歳)
東京都渋谷区
国籍 日本の旗 日本
職業 通訳ミュージシャン

佐藤 秀典(さとう ひでのり、1981年3月28日 - )は、ラグビー日本代表通訳デスメタルバンド「INFERNAL REVULSION」のボーカル、株式会社EHB Internationalの代表。東京都出身。

来歴[編集]

1981年3月28日生まれ、東京都渋谷区出身[1]。10歳のときに母親の仕事の都合でオーストラリアへ移住する。移住先のゴールドコーストでは13人制のラグビーリーグが盛んであり、通訳として関わることになるラグビーユニオンを見る機会はなかった。当時の佐藤はラグビーリーグに夢中になり、タッチラグビー部にも入部していたが、中学生になると音楽へ傾倒し、次第にスポーツはしなくなった[2][3][4]

1999年、現地の高校を卒業して日本へ帰国し、雑貨店やシルバーアクセサリー店で勤務。この頃から商談や買い付け時の通訳を経験している[5][6]

2003年、佐藤の母がマネージャー兼通訳をしていた関西社会人リーグのワールド(のちのワールドファイティングブル)の通訳を手伝ったことがきっかけで、通訳補佐としてワールドに入部。ラグビーの通訳としての仕事を開始する[2][5][4]。2005年には神戸でデスメタルバンド「INFERNAL REVULSION(悪魔的憎悪)」を結成し、音楽活動も本格的に開始した[7]

2009年、ワールドファイティングブルの休部に伴い、キヤノンイーグルスへ移籍[8][9]。後年、日本代表ヘッドコーチとなるエディー・ジョーンズとはこの頃に知り合っている。エディーは佐藤を気に入り、自身がヘッドコーチを務めていたサントリーサンゴリアスの通訳になるようたびたび誘っていたという[3][4]

2011年には、主にラグビーチームへの通訳を派遣する業務を行う、株式会社EHB Internationalを設立[5][6]

2014年、音楽活動に専念するためキヤノンイーグルスを離れる。海外ツアー終了後の2015年1月、日本代表ヘッドコーチに就任していたエディーから日本代表通訳として声がかかる。「ラグビー界の通訳として頂点のチームでできるのは光栄なことですし、国を代表する仕事に就くチャンスはなかなかない」との思いから、2015年4月に日本代表通訳に就任[4][2]。当時はアルバム制作中だったが、バンドメンバーの理解もあり、音楽活動を中断しての参加となった[10]ラグビーワールドカップ2015日本対南アフリカ戦も通訳として携わった[11][12]

ラグビーワールドカップ2015終了後はヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ(2016年)やNTTドコモレッドハリケーンズ(2016 - 2017年)で通訳を担当[13][14]。また、日本代表通訳として2016年11月に再就任している[15]

脚注[編集]

  1. ^ “W杯開幕まであと30日! 通訳・佐藤秀典氏、エディーHCとチームをつなぐ (3/3ページ) - ラグビー”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2015年8月19日). http://www.sanspo.com/rugby/news/20150819/jap15081905030001-n3.html 2018年9月4日閲覧。 
  2. ^ a b c 【RWC開幕まであと30日】通訳佐藤秀典 ロックミュージシャンの顔を持つ異色の通訳 : コラム”. ラグビーワールドカップ2019 (2015年9月10日). 2018年9月4日閲覧。
  3. ^ a b “ラグビーW杯:通訳はミュージシャン 日本代表・ジョーンズHC付き佐藤秀典さん、スラングも感情も的確に”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年10月5日). オリジナル2016年3月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160321201003/http://mainichi.jp/articles/20151005/dde/041/050/047000c 2018年9月4日閲覧。 
  4. ^ a b c d My Rugby World Cup Stories 第90回 佐藤秀典 通訳”. ラグビーワールドカップ2019 (2016年5月24日). 2018年9月4日閲覧。
  5. ^ a b c 世界ナンバー1のサーフフィジカルトレーナー 、ロドリゴ・ペレスの日本セミナー開催”. SURFMEDIA (2015年12月1日). 2018年9月4日閲覧。
  6. ^ a b 【JIF2016】佐藤秀典「文化差の架け橋〜ラグビー日本代表の通訳として〜」”. 日本会議通訳者協会 (2016年5月18日). 2018年9月4日閲覧。
  7. ^ INFERNAL REVULSION”. ALLIANCE TRAX. 2018年9月4日閲覧。
  8. ^ ラグビー部に関するお知らせ”. 株式会社ワールド(WORLD) (2009年3月13日). 2018年9月4日閲覧。
  9. ^ 最新情報 2009年度 新メンバー発表!”. キヤノン イーグルス 公式サイト (2009年5月8日). 2018年9月4日閲覧。
  10. ^ ジョーンズHC通訳はデスメタルボーカル”. ラグビーワールドカップ2019 (2015年9月10日). 2018年9月4日閲覧。
  11. ^ 日本代表「ラグビーワールドカップ2015」最終登録メンバー”. 日本ラグビーフットボール協会 (2015年8月31日). 2018年9月18日閲覧。
  12. ^ ラグビー「ブライトンの奇跡」〜エディ・ジャパンの通訳とメンタルコーチが明かす歴史的偉業の舞台裏(週刊現代)”. 現代ビジネス (2016年1月9日). 2018年9月4日閲覧。
  13. ^ チーム通訳募集のおしらせ”. ヒトコム サンウルブズ公式サイト (2016年9月30日). 2018年9月18日閲覧。
  14. ^ NTTドコモレッドハリケーンズ、2017年度 退団選手(追加)のお知らせ”. ジャパンラグビートップリーグ公式サイト (2018年2月9日). 2018年9月18日閲覧。
  15. ^ “父亡くしても弱み見せなかったエディー前HC/連載 - ラグビー”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年9月22日). https://www.nikkansports.com/sports/news/1713160.html 2018年9月4日閲覧。 

外部リンク[編集]

ラグビー通訳
INFERNAL REVULSION