佐藤真由美 (歌人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 真由美(さとう まゆみ、1973年(昭和48年) - )は、歌人女性誌編集者

新潟県出身。上智大学外国語学部英語科卒業。出版社にて女性誌の編集者をつとめているとき、仕事で出会った歌人・枡野浩一に影響を受け、作歌を開始。2000年、『高円寺南4丁目16-13』30首で短歌研究社主催「うたう」作品賞入選。現代女性の感性を生かした歌風で人気を集め、エッセイなどにも表現の幅を広げつつある。また、MISIAの曲の作詞をいくつか手がけている。既婚者で三児の母。

作品リスト[編集]

著書[編集]

  • 歌集『プライベート 仕事・恋愛・好き・嫌いー悲しいのはなんでかな』枡野浩一監修 (2002、マーブルトロン 2005、集英社文庫)
  • 歌集『きっと恋のせい』(2003、マーブルトロン)
  • 作品集『恋する短歌 22 short love stories』(2004、集英社文庫)
  • エッセイ集『恋する歌音 ―こころに効く恋愛短歌50』(2005、集英社文庫)
  • エッセイ集『恋する四文字熟語』(2006、集英社文庫)
  • エッセイ集『乙女心注入サプリ』(2007、平凡社)
  • エッセイ集『恋ばっかりもしてられない』(2009、幻冬舎文庫
  • 『恋する言ノ葉 元気な明日に、恋愛短歌。』集英社文庫 2011
  • 『恋する世界文学』集英社文庫 2011

共著[編集]

  • 作品集「脚を切る」:枡野浩一著『かんたん短歌の作り方』(2000、筑摩書房)に収録。デビュー作。
  • 『恋時雨 恋はときどき泪が出る』狗飼恭子,橋口いくよ共著 メディアファクトリー ダ・ヴィンチブックス 2009

作詞[編集]