佐藤真平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 真平

佐藤 真平(さとう しんぺい、1873年明治6年)11月12日[1] - 1942年昭和17年)12月17日[2])は、大正から昭和時代前期の政治家宮城県石巻市長。

経歴・人物[編集]

宮城県出身[3]。佐藤市郎の長男[3]1923年(大正12年)2月に宮城県黒川郡長を経て、1924年(大正13年)10月に同県亘理郡長に就任[1]。同年12月に退官したのち、1933年(昭和8年)4月に石巻市会議員に当選する[1]。同議長を経て、1937年(昭和12年)4月に同市会議員に再選し、同月20日に石巻市長に就任した[1]。1938年(昭和13年)11月、辞任した[3]。ほか、横屋取締役を務めた[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 帝国自治協会 1938, 92頁.
  2. ^ 「佐藤元石巻市長」『読売新聞』、1942年12月19日、3面。
  3. ^ a b c d 人事興信所 1939, サ42頁.

参考文献[編集]