佐藤直方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 直方(さとう なおかた、慶安3年閏10月21日1650年12月14日) - 享保4年8月15日1719年9月28日))は、江戸時代儒学者。幼名は彦七。通称は五郎左衛門、三郎左衛門。父は備後福山藩士土佐藤七郎兵衛。門人に稲葉迂斎跡部良顕らがいる。

学問を志して京に昇り、山崎闇斎の門に入って研鑽を積み、知識を深めて浅見絅斎三宅尚斎と並び崎門の三傑と称されるほど台頭したが、闇斎が唱えた垂加神道に批判的であったことから袂を分かち、江戸へ昇った。後、福山藩や厩橋藩酒井忠挙などに招聘され、講釈に励んだが、享保3年(1718年)には致仕して神田紺屋街に居住し、翌年唐津藩土井利実に講釈を行いに赴く道中発病して倒れ、翌日没した。

日本の神々だけを中心に考える事に反対し、「自分が生まれた国や父母を、薬売りのようにわがままに自慢するのでは、天下の公理とはいえない」と述べ、家や国を超えた普遍的な宇宙(天理・公理)にもとづいて考えるべきだと説いた。

赤穂事件が起こった折、大衆や多くの有識者がその仇討を義挙と礼賛する中、幕府を顧みない愚挙に踏み切った逆臣であると赤穂浪士を弾劾したことで知られる。豪放磊落な人となりで清貧な生活を好み、江戸に在住していた際の困窮していた生活を伝えるエピソードが残されている。

参考文献[編集]

  • 『江戸文人辞典』 東京堂出版、ISBN 4490104278
  • 山本七平『現人神の創作者たち』(上下、ちくま文庫)