佐藤理吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 理吉(さとう りきち、1871年10月19日明治4年9月6日[1] - 1959年昭和34年)11月9日[2])は、日本の政治家衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

山形県出身[2]1894年東京専門学校政治科卒。醸造業を営み、最上郡会議員、山形県議、同参事会員、最上郡農会議員、同会長、山形県農会副会長となる[2]。ほか最上酒造(株)取締役社長、最上銀行取締役を務める[2]

1932年第18回衆議院議員総選挙において山形2区(当時)から立憲民政党公認で立候補したが、無投票で当選[3]1936年第19回衆議院議員総選挙では国民同盟から立候補したが落選した[4]。1959年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第六十一回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1932年、21頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』280頁。
  3. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』98頁。
  4. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』106頁。

参考文献[編集]

  • 日本国政調査会編『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』国政出版室、1977年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。